貧脚だっていいじゃない!

キャンプが楽しい

なぜか、今頃になってキャンプにはまってます
楽しい!登山と違って荷物は車で運ぶから
軽量化とか何も考えなくていいんだもん

そんなキャンプのことをちょっとだけ紹介

これは、GWに子供を連れて行った時の写真
IMG_20180505_152139_R.jpg
大型連休なのに当日予約ができたので、大急ぎで準備をしていってきた
広くて静かで車も横づけできるオートキャンプ場は快適すぎだ

この時が超たのしかったので、追加でグッズをいろいろ買った
ただし、キャンプ用品とはちょっと違う

・ スーファミミニ
・ モバイルモニター(13インチ)
IMG_20180517_174936_R.jpg

キャンプの夜を皆で楽しく過ごすために、スーファミミニとモニタ
これ、どちらもモバイルバッテリーで動くのでキャンプにピッタリ
電源あるサイトならPS4だって持ち込んで遊べます(笑)

こちらはアンモボックス(弾薬箱)
IMG_20180519_114754_R.jpg
戦争映画などで見かける箱です。重いです。頑丈です
プラスチックの箱でも代用できるし、値段も圧倒的に安いけど
こっちの方がカッコいいじゃん
値段は忘れたが、コストコに打ってます(大小2個セットを4つ買った)

目的別に箱を使い分けてます
IMG_20180519_114828_R.jpg

コーヒーグッズ用
食器用
スーファミ用の電子機器類用
ベグ、ハンマー用 など

IMG_20180519_155645_R.jpg

そして、この週末は揖斐川町のキャンプ場へ
IMG_20180519_153414_R.jpg

ここは安くて静かで緑があふれる良い場所だったけど
サイトがちょっと狭いですな

さっそくスーファミで遊んでます
IMG_20180519_153421_R.jpg

最初は外で遊んでたけど、寒かったのでテントに入り
桃鉄・ボンバーマンで対戦をしておりました

IMG_20180519_153436_R.jpg

アンモボックスの配置の様子
IMG_20180519_153538_R.jpg
無骨でかっこええやん

このボックスは暴風にも使えちゃう
IMG_20180519_155946_R.jpg

こちらはAmazonに売ってた安い焚火台
IMG_20180519_182537_R.jpg
直火で調理しちゃってます

登山の時に使ってるガス缶の残量少ないやつを3個持ってきたんだけど
全部使い切ってしまったので仕方なく直火です

次回はちゃんとガス缶持っていかねば

今後は月一でキャンプも行きたいが、山も行きたいし週末は大変だ
スポンサーサイト
  1. 2018/05/21(月) 10:41:21|
  2. その他雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪少なめの北の俣岳

週末の休みを調整して、金・土で山に行ってました
本当は日曜日も行けたんだけど、雨を警戒して早めにおりてきた
(この判断はすばらしかった。結果朝から大雨でしたので)

飛越新道から薬師岳方面に向かおうと計画
雪解けが異常に早い今季なので、どんな状況かわからない

序盤は標高1700m付近まで雪が無くて夏道
ドロドロの夏道でした
DSC05094_R.jpg

上の写真は2000m付近だと思うが、かなり夏道出てます
下の写真で森林を抜けた地点なんです。下の写真では雪があるように
見えるけど、日当たりのよい場所は雪少なめでした

DSC05036_R.jpg

避難小屋への分岐点
ここで小休止と水の確保。このルートは通年で水が確保できるのでありがたい

DSC05037_R.jpg

避難小屋を通過して、どこにテントを張るべきか悩んでいた
稜線は雪が薄くテントを張れそうにないので、かなり進んだ先になりそうだ

・・・それにしても眠い なぜか異常な位な睡魔に襲われてきた

DSC05050_R.jpg

疲れもあったけど、あまりにも眠かったので
北の俣岳山頂手前に平坦な場所があったのでテントを設置
DSC05066_R.jpg

今回のテントもヒルバーグ ウナ
あまりも使い勝手が良すぎて他のテントはもう使わなくなりそう
DSC05067_R.jpg

テントを張り終えたのが二時位だったかな、ちょっと横になって寝たんだけど
気が付いたら五時を過ぎちゃってた。なんでこんなに眠かったんだろう??

翌朝です
DSC05072_R.jpg

前日は昼寝してたのに、ぐっすり眠れた
中途半端な場所にテントを張ったので、軽装で黒部五郎岳を往復しようと
歩き始めたんだけど、ここから先が大変でした
DSC05077_R.jpg

この付近はハイマツに覆われている
その上に雪が積もっているんだけど、その雪が少なく一歩ごとに踏み抜いてしまう
そしてハイマツの中に足を突っ込んでしまう
これで体力を相当奪われる&時間のロスがあまりにも大きい
斜面を登ってるのに踏み抜きだから、ほんと嫌になる

稜線到着 この付近も場所によっては踏み抜き注意でした
DSC05080_R.jpg

薬師岳方面 
DSC05083_R.jpg
真っ白に見えるけどあっちも雪が薄くて歩きにくいかも

北の俣岳 到着
DSC05085_R.jpg

想像していたよりも、雪は残ってました
稜線は全然雪が無いこともあり得ると思ってたんでね

黒部五郎岳方面
DSC05086_R.jpg
こっちは、最後の登り付近は夏道が半分出てるっぽい
どちらにしても歩きにくそう

結局、ここで行動終了
歩きにくくて、すげー時間かかるんだもん
DSC05091_R.jpg

あとは、テントに戻って下山するだけ

のんびり下山をしていたんだけど、終盤も終盤の笹薮でアクシデント
目の前3m位の籔の中でガサガサと音がして、黒い塊が動いたのである
熊だ!
思わず、一歩仰け反ってしまったが、この瞬間に色々な事を考える

動いた塊の大きさ的に小熊だ
もし向かってきても何とかなるんじゃないか?
いや、小熊だけで行動してるとは思えないから親もいるはずだ
そもそも小熊とは言え勝てるわけねえじゃん などなど

動くのは危険なので、笹薮を凝視
DSC05095_R.jpg
あと、自分の身に何かあった場合の証拠として写真をとる
(ほんと目の前の籔にいるんだけど、全くわかんないですね)

数秒の静寂の後・・・・
黒い塊が動いたのであるが

カモシカでした(笑)

馬鹿やろう、めちゃくちゃビビったじゃないか
一安心して車に戻って無事帰宅するのでした



  1. 2018/05/14(月) 10:56:11|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏みたいだった弓折岳

連休です!

例年どおり、ピーナッツさんとの山遊び!
気温が高く雪解けが強烈に進んでいるけど、北アルプスにはまだ雪があるぜ

出発早々暑い 二人とも薄いシャツ1枚で歩いてます
IMG_20180429_101719_R.jpg
序盤の林道なんて全く雪が無くて、もう夏かな?って思うくらい

中盤です
IMG_20180429_122059_R.jpg
雪景色なんですけど 暑い むちゃくちゃ暑い
日陰がなく、雪の照り返しもあり、汗ダラダラ

大ノマ乗越、弓折岳へと続く道
連休だけに、数名の登山者が前方に見える
IMG_20180429_132859_R.jpg

今回は鏡平方面に向かっております
IMG_20180429_145010_R.jpg
私もピーナッツさんもバテバテで大ノマ乗越方面に行く元気がなかったので
目の前にある鏡平でテントを張っちゃおうということで、意見が一致

西鎌尾根の稜線 なんかすごい
IMG_20180429_145016_R.jpg
けど、稜線には全然雪が無いね

鏡平に着いたら、展望の良さそうな丘にテントを設置
IMG_20180429_151310_R.jpg
雲一つない快晴&無風
テントの固定もしておりません

ピーナッツさんとの山歩きといえば、晩飯は鍋!
肉たっぷり&水餃子たっぷりの鍋を食べるのである
写真はありせん ピーナッツさんのブログに書かれているでしょうきっと

マイテントは、ヒルバーグ ウナ
IMG_20180430_055915_R.jpg
横側が全開できるので、ここを開けて二人で座って
景色を見ながらの鍋なのでありました


翌朝も快晴
IMG_20180430_061434_R.jpg
双六岳に行ってもいいだけどね・・・
面倒だしパス とりあえず、目の前にある弓折岳には行ってみます

二人とも荷物は無し
アイゼン・ピッケルのみを持つという超軽装で出発

IMG_20180430_070545_R.jpg
これは、なかなか良い写真だ

IMG_20180430_071317_R.jpg

弓折岳 山頂! 逆光で黒い写真になってしまった
IMG_20180430_071509_R.jpg

その後は、テントに戻ってゆっくりと朝食
前夜の鍋を残しておいたので、そこにアルファ米を投入して雑炊風にしてたべる

後は、下山するのみ
下山は超早かった。雪の下山は楽だわ

IMG_20180430_071653_R.jpg

その後は、私はちょっと嫁の実家に寄りたかったので
ピーナッツさんを温泉に送り、再び合流してから帰路につくのでした

雪が少ないとはいえ、十分楽しめたし
何よりも、雲一つない快晴ってのが良かった
こんな天気は年間通しても何日も無いもんね


  1. 2018/05/01(火) 09:52:34|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

サイクリングとお山と

最近はサイクリングに出かけることが多いです

2時間くらい空きの時間があったらサイクリング
DSC05009_R.jpg

花粉症も終わったので山方面も走ってます
DSC05008_R.jpg

先週の日曜日はひさびさの100kmライドもやってきた

DSC05012_R.jpg
この自転車で

・・・・まさかの電動アシスト自転車だよ(笑)
すげー楽です
一応言っておきますが、ほぼ電源を切って走ってます
ムチャクチャ重い、ビックリするほど重い自転車ですが、基本電源OFF
峠道だけアシストをONにして走ると、坂道でも平地間隔で走れます
100Km走った時も電池残量80%だったのでほぼアシスト無し

DSC05013_R.jpg
能郷白山はまだ雪残ってるね

けっこういろんな道を走ってます
DSC05017_R.jpg

数年ぶりに行く峠も複数
DSC05018_R.jpg
峠ではアシスト入れてるので、平地走ってるのと全く同じ感覚です

あとガッタガタの未舗装路を走るのも楽
アシストあれば舗装路を走ってる間隔でサクサク進めちゃう

楽しいぞ!電動アシスト自転車

後は、山ですね
DSC05022_R.jpg

暖かい日が続いているので、山の雪も激減
驚いたのが、林道は全く雪が無かった

DSC05024_R.jpg

右俣林道から槍平に向かってます
DSC05025_R.jpg

今回は雪の様子を見に来たのと、テント泊をやりたかっただけなので
槍平までしか行っておらず、特に写真もありません

DSC05026_R.jpg
サラッと今回はここまで


  1. 2018/04/23(月) 09:40:09|
  2. その他雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

快晴だったよ 弓折岳

週末は快晴予報だったのでいつも通り山に向かいます

今回は弓折岳方面に向かう。雪崩がどんな状況か知りたかったので

小池新道付近からの写真
DSC04945_R.jpg

雪は多いけど、雪崩は全然発生していない
まだパワーをため込んでいて今後も発生しそうな雰囲気だけど
巨大雪崩は起きないかなって状況だった

DSC04951_R.jpg

快晴すぎてクソ暑い
ジャケット脱いで肌着のみで歩いてます
それでも汗がしたたり落ちます
(この後、むちゃんこ寒くなるけど)

DSC04954_R.jpg

新穂高駐車場はたくさんの車だったけど
こっち方面に歩いている人はだ~れもいません

DSC04955_R.jpg

先週の槍方面では、雪が締まっておりアイゼンしか使わなかったが
今回は、フカフカの雪が膝くらいまであったのでスノーシューしか使ってない
この違いは何なんだろう??

DSC04963_R.jpg

弓折岳に向かううルートとしては
鏡平ルートか大ノマ乗越ルートで、この時期なら大ノマ乗越使うのが
一般的かもしれんけど、フカフカ新雪で登れないかもしれないので
鏡平ルートから進むことにした

すごーく平らな所を進んでいるように見えるが、これでもそこそこの斜度
DSC04965_R.jpg

振り返れば槍ヶ岳
DSC04974_R.jpg
この位置からだと、飛騨沢を進んでいる登山者がいたら、肉眼でも確認できるが
この時は人は全く確認できんかった

山頂手前の平坦地に到着
DSC04977_R.jpg
当初、昼12時ちょいすぎに到着するようなペースだったが
後半の鏡平ルートに入ってから猛烈なるペースダウン
風も強くなりむちゃんこ寒い

DSC04979_R.jpg

DSC04982_R.jpg

テント用に穴を掘りたいが、フカフカ雪で掘りずらい
スカスカで全然手ごたえ無い雪をかき分けてテントを設置
DSC04989_R.jpg

安定して風も無い天気だと思っていたが、一晩中強風で
なかなか不安な夜を過ごすことになってしまった
DSC04991_R.jpg

よく朝 本日も快晴なり
DSC04997_R.jpg
こりゃかなり気温もあがりそうだ

下山するにつれて、どんどん暑くなり
登りとおなじく、途中からは肌着のみで歩いてました
DSC04999_R.jpg
車に戻ると花粉がひどいひどい
高山方面は今がピークかも
くしゃみ連発で目がかゆくてたまらんかったぜ
  1. 2018/03/26(月) 10:50:09|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ