貧脚だっていいじゃない!

冬の始まり双六方面

静かな山歩きを求めて、双六岳方面に向かいます
槍ヶ岳方面は、11月初旬までが営業なので、ちょっとだけ人がいます
DSC04396.jpg

事前の調べで、山頂方面は雪景色なのはわかっていたが
序盤は秋模様でした

DSC04406.jpg

標高1700m付近から日陰に雪が見られるようになった
DSC04407.jpg

鏡平山荘
うっすら雪できれいです
DSC04411.jpg

山荘前
DSC04413.jpg
ここは冬になると建物全てが雪の下になるほどで
どこに建物あるのかさっぱり分からないレベル

山荘前の池の橋は撤去されてるけど
杭の下にも木があって、これを使って渡れます
DSC04419.jpg

うっすら雪の槍方面
DSC04420.jpg

ここから先は日陰だと雪があります
登山道は吹き溜まりになりやすいってのもある
DSC04425.jpg

弓折乗越 ここで少しルートに悩む
DSC04426.jpg
もっと雪が少なく、水の確保が難しいと考えていた
この雪なら水の確保に困らない、だったらここから双六に向かうのではなく
笠ヶ岳方面に向かったほうが良いのではないだろうか

笠ヶ岳に方面に少し歩きだしたのですが
・・・・そういや明日の天気悪いんだった
稜線上にテント張ることになるしちょっと厳しそう

引き返してきた

双六小屋方面に向かいます
DSC04432.jpg

小屋到着 
DSC04437.jpg
テント場には3張りほどありました
律儀にテント場つかうんですな

鷲羽岳方面
DSC04439.jpg

この時間位から風が強くなってきたので
私は風よけになる建物前にテント設営
DSC04442.jpg

時間あったので樅沢岳に向かう
DSC04449.jpg

この後、夜からずーっと雪でした
翌日もずーっと雪でした

予報だと雪が降るのはわずかな時間だったけど、とても回復しそうにない
本日は鷲羽岳往復して翌日の下山予定だったが
このままではテント内で過ごすことになりそうだったので、下山することにした
DSC04453.jpg

一面真っ白になった
この後も降り続けたので、根雪となり本格的な冬山に向かうんだろう
DSC04454.jpg

雪が降り、視界もないけど風がないのが救いだった
DSC04455.jpg

風吹いたらめちゃくちゃ寒かったと思う
防寒対策してるけど、本格装備じゃないからね

標高1800mくらいから雪からミゾレ雨になった
この時期に雨に打たれるのは堪えます
DSC04458.jpg

雨の中3時間くらい歩いてようやく駐車場
体は芯から冷えて、車の暖房いれてもガタガタ震えてたくらいでした

次回来るときは冬装備だな。今回はテントマットが夏用で
寒くて熟睡できんかった

スポンサーサイト
  1. 2017/11/06(月) 09:25:14|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの山

雪もあるね
  1. 2017/11/03(金) 16:06:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散歩用自転車購入

週末に自転車屋さん行ってきて小型折り畳み自転車買ってきた

DSC04388.jpg

軽くて、折りたためて車にも余裕で積めるのが欲しかった
DSC04389.jpg

変速はありません。この自転車では坂道のぼらないので
余分な機構は必要ない!
DSC04390.jpg

折りたたんだ状態
DSC04391.jpg

車に積むのも簡単でした
DSC04392.jpg

この自転車を買った理由は 登山の時に駐車場確保が困難だから
登山ブームが続いており、山は大混雑。駐車場も大混雑です
(9月30日の槍ヶ岳は穂先に行くのに2時間並んだ模様)

かなり遠い駐車場しか確保できないので、ちょっとムカついていた
だから自転車を買ったのです。自転車使って登山者駐車場まで行くのです

sssIMG_20171001_105659 (2)
せっかくの自転車なので2時間ほどお散歩
シングルギアなんで峠はむりやった
・・・行ってみたけど速攻撤退でした(笑)



  1. 2017/10/02(月) 10:12:42|
  2. その他雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

100円ショップでコンロ

個人的なことですが夏山にはバーナーを持っていきません
パンやアルファ米なら水を沸かす必要ないからね 

持って行っても1回お湯を沸かす程度なんで無駄だと思うようになり
3泊の予定であっても夏山にはバーナーは持っていかなくなった

でも、安くて軽くて小さいのなら持って行っていいかなと考えて
100円ショップで使えそうなものを探してきた
DSC04367.jpg
アルミ皿2種・受け皿・網  あとは固形燃料

丸いアルミ皿の中に受け皿を直接IN
DSC04368.jpg
これなら防風も兼ねているし、炎が広がってテントに燃え移る可能性も低い

100円ショップで4個入りのジェル状燃料
DSC04369.jpg
こいつは火力もあるし、ごみもほぼ出ないし使いやすい
しかしこの状態ではコッヘルとの距離が近すぎて火力のロスが大きそう

四角いアルミ皿を折り曲げてみた
DSC04371.jpg
丸よりは少しだけ高さを稼げる

固形燃料に着火
DSC04373.jpg

アルミとの距離が近いので溶けるかと思ったが
予想に反して全くアルミ皿には影響なかった

DSC04374.jpg

1個でちゃんと沸かせます
DSC04375.jpg

ジェルタイプの燃料は最後に少しごみが出る
DSC04376.jpg
エスビット系の固形燃料すべて燃え尽きるのでこの辺りが違いです
まあ、エスビットは高いしススがでるし匂いも独特なんで好みは分かれるでしょう

今度はエスビット燃料で実験
DSC04377.jpg
サイズ的には良さそうだ 2個投入

エスビットだと、丸形アルミ皿をそのままでも問題なさそうです
DSC04378.jpg

燃焼中
DSC04379.jpg

燃焼中
DSC04380.jpg

少し風があったので風下側に火が出ています
DSC04381.jpg
やっぱりもうちょっと高さが欲しいところだが
十分実用的と判断してテスト終了


100円ショップバーナーセットのパッキング方法

コッヘルに受け皿を入れる
DSC04382.jpg

エスビット固形燃料を入れる
DSC04383.jpg

ライターを入れる
DSC04384.jpg

蓋をして、そこにアルミ皿をセット
DSC04385.jpg

さらに網をセットで終わり
DSC04386.jpg

この状態で78gでした
DSC04387.jpg
これでコッヘルが2個と固形燃料たくさん入り
軽量コンパクトだし、これで十分でしょ!





  1. 2017/09/28(木) 09:10:00|
  2. 山の道具達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デカいテントで山に行く

5連休を取得するも台風で1泊となってしまった山歩きの翌週

この時に使用する予定だったテントが極地用の大きくて頑丈な
マウンテンハードウェア トランゴ2だった

日本の山で使う必要は全くないし、無駄すぎるけどあるんだから使わねば!
DSC04312.jpg

テント場が広くて、歩き距離が短い場所となると 薬師岳が有力候補 
有料林道なんで金がかかるが駐車場から3時間で行けるのは魅力
DSC04321.jpg

太郎平小屋を通過して、キャンプ場へと向かいます
DSC04324.jpg

そして、久しぶりに出番となったテントです
デカくて重い。二人用なのに4kg超えちゃう 最近のは1㎏未満のもあるのに
DSC04327.jpg

時間が早いのでガラガラ
DSC04328.jpg

完成 かっこいい
DSC04333.jpg
一人で使うにはデカすぎて、ちょっと恥ずかしい

テントも張ったので薬師岳に向かいます
DSC04335.jpg

薬師岳山荘と奥が薬師岳
DSC04337.jpg

風があって、ちょっと寒いから上着を取り出してます
DSC04341.jpg

台風が過ぎると気温がぐっと下がり、一気に秋→冬に向かう北アルプス
荷物もそれなりに防寒対策をしてきたけど、まだそこまで寒くはなかった

DSC04344.jpg


DSC04354.jpg

山頂です
DSC04361.jpg
静かな山頂だけど風あるし、ちょっと休憩してサッサとテントに戻る

薬師峠キャンプ場 過去何度も来ており
電波がつながることを確認していたが、なぜか今回全くつながらなかった
天気情報知りたかったが諦めるしかない
DSC04362.jpg

その後、夜から雨が降り出し
翌朝もガスガスかと思ってたら、雨降り出した
DSC04364.jpg

こんな天気じゃ何も楽しめないので、荷物片づけて下山です
テントが水を含んで相当重い。もともと重いのに
DSC04366.jpg

やっぱ、このテントは雪山用だなと思いつつ帰宅するのでした
荷物が多い冬にこんなテント持っていきたくないけど

  1. 2017/09/25(月) 10:01:39|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ