貧脚だっていいじゃない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テントの修復に挑戦

長年愛用してきたテント 
シエラデザイン コンバート2

かなり重いが、風に対してとっても強く雪山では大活躍してくれてます

しかし先日のテント泊では雨となりテント内が水浸しになる大惨事
もう寿命だろうし、捨てることも考えたがその前に補修にチャレンジしてみます

※失敗したら捨てるつもりのテントなんで思い切って作業してます

DSC03732_R.jpg
シームもボロボロだし、雨を吸ってめちゃ重くなってしまったマイテント
雪山でしか使ってなかったので、防水性の低下には全く気付いてなかった

裏返して洗います
DSC03728_R.jpg

シームテープはボロボロですが
いちおう、外からと内からの両方からシームグリップは塗ってました
DSC03729_R.jpg

謎の成分がこの白いやつ
DSC03730_R.jpg
これシングルウォールテントなので1枚生地です
なのに裏には何かのコーティングがしてある
この成分が全く謎だけど、やたらと高い透湿性能があり冬でも結露はほとんどない
結露がほぼ無いってのも、このテントを気に入っていた理由の一つです

テントの洗濯で検索をしたら、劣化して加水分解が進行したテントは
重曹で洗うと良いとあったので買ってきた
DSC03734_R.jpg

桶に突っ込んでジャブジャブ洗います
DSC03736_R.jpg

重曹500gを投入して漬け込み
DSC03737_R.jpg

この状態で24時間放置します
DSC03738_R.jpg

翌日、水を全部捨てて
また500gの重曹を入れて再び24時間放置

重曹で洗ったテントだけど、ネットで調べた状況と何か違う
ボロボロと表面のコーティングっぽいのが落ちるらしいが
DSC03746_R.jpg

全くもって、変化なし
こすっても何も起こらない

・・・・・しまった

重曹で洗うのは加水分解が進行したテントであって
私の場合は防水機能が無くなっただけであり、意味なかった気がする

シームテープにも変化なし
DSC03747_R.jpg

なんか無駄な作業をしてテントを痛めつけただけかも
まぁいいや ダメなら捨てるテントなんだから

合計48時間重曹で漬け込んだテントを干す
DSC03751_R.jpg

テントを組み立て、しっかりと干す
DSC03754_R.jpg

外も中もしっかり乾くまで1日干してます
DSC03756_R.jpg

そしていよいよ防水性能を復活させるための作業です

ポロンT 強力撥水剤
DSC03757_R.jpg

これもネットで調べて購入しました
シリコン系の撥水剤ですので、テントの透湿機能は失われるが
強力長持ちらしいので、こっちを選んだ

シングルウォールテントで透湿性能失われたらヤバいんじゃ?と思うが
そもそも雪山では吹雪でも無い限り窓は夜中もずっと開けてますので
透湿性については無視します

DSC03758_R.jpg

100均で買ってきた容器とハケを使って塗ってます
DSC03759_R.jpg

すごい揮発性で塗ったらすぐ乾いちゃい、どこまで塗ったのかわからんくらい

DSC03760_R.jpg

底面にも塗っておきます
DSC03761_R.jpg

一張り塗るのに1缶の3分の1程度しかつかわなかった

DSC03762_R.jpg

この状態でまた1日放置

シンナーみたいな液体塗っただけなのに、本当に防水性能があるのか
かなり疑問に感じていたのでテストをしてみます
DSC03763_R.jpg

すげー水弾くやん!!!
こんなに強力なんすか
DSC03764_R.jpg

水が玉になって弾かれてます
ちょっと感動
DSC03766_R.jpg

前室も取り付けて、こっちにも塗る
そしてテント本体は2度塗りを行います
DSC03767_R.jpg

2度塗りも終了
DSC03768_R.jpg

これでテントとして復活したはずです
実戦投入したいけど、もう雪山は終わりなんだよな~
夏にこの重いテント持って行きたくないので、ちゃんと確かめるのは
しばらく後になりそうです

スポンサーサイト
  1. 2017/05/24(水) 10:20:36|
  2. 山の道具達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謎のダブルブラックダイヤモンド

怪しげな商品を買ってしまった

アウトドアコーナーに置かれていたし、パッケージもアウトドアの画像
DSC08924_R.jpg


DSC08923_R.jpg


この商品を思わず手に取ったのには訳があります
<BLACK DIAMOND>の文字が目に入ったからだ!

えっ!BDからこんな商品出てったっけ?何に使う品だ?

手に取ってよくみたら
<double black diamond>
DSC08925_R.jpg
オイオイオイ、よく似た名前の別物じゃん
なんだこりゃ ちょっと笑ってしまった


DSC08926_R.jpg
中身は700フィルパワーのダウンが使われているらしいが
ほんとかぁ~ 名前が怪しいから中身も怪しく感じてしまう

お値段はたしか3,000円だったはず。高いのか安いのか判断しにくい

使い道もよくわからん商品だ
たぶん冬季のスポーツ観戦なんかで膝掛けなどに使うのだろう

結局あやしい名前に惹かれて買ってしまった

自宅で広げてみたが、デカイ
DSC08927_R.jpg
想像以上にデカイ 布団と同じサイズじゃん

さらにペラッペラ
DSC08929_R.jpg
こんなに少ないダウンで大丈夫なのか。と思うくらい薄いんだ

収納袋も付属しておりました
DSC08930_R.jpg

5Lの収納袋でピッタリ入りました
DSC08931_R.jpg

大きさはよくわかった、後は重さだ
DSC08932_R.jpg
500gを切っているし、軽量なんじゃなかろうか

夏山テント泊ならこれ1枚でなんとかなりそうだ


肝心の温かさをチェック

・・・・暖かい ペラッペラだけど十分暖かいぞ
意外と使い道があるような気がしてきたが、大きすぎて冬のテント泊では邪魔
ってなると、使い道が無いような気もする

  1. 2015/12/24(木) 09:30:14|
  2. 山の道具達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MSR REVOエクスプローラー 到着

先日新しいスノーシューが欲しいと書いたけど

買ったよ。

到着したよ
DSC06253_R.jpg

MSRのロゴ
DSC06255_R.jpg

そして

REVO エクスプローラーの文字
DSC06259_R.jpg

金属フレーム
プラデッキ
ラチェット式

このような特色をもつのがエクスプローラー

私の希望にピッタリの品です

金属フレームの高いトラクションでトラバースも安定
プラデッキなので、雪が薄くて木の枝が飛び出してるような場所でも平気で歩ける
ラチェット式なので脱着が容易

デザインもかっこいい
DSC06256_R.jpg

DSC06257_R.jpg

(めずらしく)国内正規品を買いました
DSC06258_R.jpg


ラチェット部分
DSC06261_R.jpg

バンドが結構細い印象を受けるけど歩行中に外れるような事は無いんだろうね
DSC06262_R.jpg

プラデッキ部分
DSC06263_R.jpg

木の枝が上に飛び出してるような場所でも平気で歩けちゃいます

MSRらしい金属フレーム
DSC06264_R.jpg

購入したのは25インチモデル

通常なら22インチでも十分なんだけど、新雪フカフカの中テント泊装備だと
どうしても沈み込んでしまうから、25インチにしといた

本当は女性用が欲しかったんだけど、女性用は22インチしかなかったんだよ

さて、REVO エクスプローラーのデビューが楽しみだ




  1. 2014/12/12(金) 08:50:13|
  2. 山の道具達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ひさびさの海外通販

ひさびさに海外通販で登山用品をまとめ買いした

DSC06158_R.jpg

レインウェア上下にシャツ数枚
写真以外にもクライミング用品もまとめ買い

でもね、もっともドルが高い時に買っちゃった
関税も払ったし海外通販のメリットがほとんど感じられません


メインとなる商品は
DSC06157_R.jpg
アウトドアリサーチ ヘリウムHDジャケット

ヘリウムジャケットも持っているのでそのうち比較してみます


  1. 2014/10/10(金) 08:48:59|
  2. 山の道具達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプ用品の小ネタ

キャンプ道具について

少し道具を変更したのでちょっぴり書きます

ヘッドライト
DSC05539_450.jpg
「左 単三×3本」  「中央 単四×3本」 「右 単三×3本」

私は夜間登山なんてしない
テント内でちょっと照らしてくれたら十分って程度だから
電池何本も使うヘッドライトは無駄だなと思っていた


最近はこちらを持っていってます
DSC05540_450.jpg
「左 ボタン電池」 「右 単三×1本」

軽い!そしてコンパクト!

テント内で使用するだけならこれで十分です
というか、これでもオーバースペックな位です


ヘッドライト増えたな・・・・
DSC05541_450.jpg

お次はアルコールストーブ

DSC05532_450.jpg
軽量・コンパクトさに惹かれて買ったんだけど
この品、山に持ち込んだことありません。だって使いにくいから

まず、炎がサイドから出るので、大きめな鍋じゃないと使えない

DSC05533_450.jpg
これくらいのサイズがピッタリ
ソロテント泊にこんなデカイ鍋持って行かないよ

もう一つ欠点があって
燃費がものすごく悪い

ネットでも同様の事は書かれていたが、まさにそのとおりだった
二泊しようと思ったらかなりの燃料を持ち込む必要があります

燃料の問題は、プラティパスの水筒で解決です
DSC05534_450.jpg
これなら500ml入るし、使い終わったらコンパクトになるので
燃料ボトルを使うよりは利点が多そう。アルコールを入れても問題ないみたいだし


最後は水筒
ナルゲンの水筒。ウィスキーとかを入れる奴のプラスチック版
DSC05536_450.jpg

二重構造になっていて、頑丈
DSC05537_450.jpg
キャップは計量カップにもなっているが、使い道は不明

この水筒、もちろん用途は山にウィスキーを持っていく為

でもね、コンビニ行ったらプラスチックケースに入ったウィスキーあるじゃん
DSC05538_450.jpg
ウィスキーってビンに入ってるイメージだったけど
最近はプラスチックケースのもあるんですね
これならそのまま持っていけるじゃん。ナルゲンの出番が無くなった




  1. 2014/07/23(水) 09:44:38|
  2. 山の道具達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。