貧脚だっていいじゃない!

南岳はやっぱり静か

三連休!でしたが、初日は雨だったので中止して
いつも通りの一泊二日の山歩き

槍平小屋を通過して(小屋は人で混雑してた)
南岳新道に入ったとたん人が全くいなくて静かになる
DSC04084_R.jpg
雪渓がまだたっぷり。今季は気温が低いのでこのまま溶けないでしょうな

急斜面などには木の階段がある南岳新道
それらの木が崩壊しており、初心者や高齢者は通行しないよう看板あった
DSC04090_R.jpg
個人的には、急に崩壊が始まった感じはなくて
ここって前々からこんな道じゃなかったか?って思う程度
危険でも何でもない

DSC04101_R.jpg

ガスで展望は無し。ときどきパラパラと雨が降ることはあったが
降り続くようなことはなく、カッパを着るまでもなかったのは助かった

南岳小屋
DSC04105_R.jpg

かなりスローペースだったみたいで
ここまで8時間ちかくかかってしまい、午後2時に到着

この時間なのにテン場ガラガラ 
DSC04113_R.jpg
最終的にも6張り程度しかなかったので、やっぱここは静かな山だわ

テントを張ったら展望エリアへ行く
山頂方面ガスガスだな、行くのやめよ
DSC04114_R.jpg

キレット展望台に向かいます
DSC04116_R.jpg

展望台にてボーっと過ごすが
ガスなので・・・・楽しくもなく ただ座っているだけ

DSC04123_R.jpg

座ってるのも飽きたのでテントに戻ろうとしたらつかの間の晴れ間
DSC04125_R.jpg

ドローン持ってこようか悩んだけど
ガスか悪天候なの予想されてたので持ってこなかったが、正解でした
DSC04126_R.jpg

DSC04128_R.jpg

晩御飯はひさしぶりにアルコールバーナーを持ち込んで焼きそば作ったんだけど
テントの前室でアルコールバーナーは危険すぎた
DSC04132_R.jpg
炎がボーボー吹きあがるので、テント燃えちゃうよ
熱もヤバい  あまりに久しぶりに使うので基本的なこと忘れてた

でも、軽さと手軽さはやっぱ魅力的だと思った
夏山でしか使えない、猛烈に風に弱いという欠点も多いけど

翌朝 朝5時半なのにもう誰もいない
DSC04133_R.jpg
みなさん早いね
テントが露でビタビタなので乾いてから出発したかったが
日が昇るの待ってられんから下山

朝方は雲もなく快晴だったので景色もよく見えた
笠ヶ岳方面
DSC04137_R.jpg

槍ヶ岳方面
DSC04138_R.jpg

帰宅後は、今回使ったテント(ファウデ ホーガン)のフライシートの防水塗装を行ったので
さっそくどこかで使ってみたい気持ちでウズウズしています

スポンサーサイト
  1. 2017/08/21(月) 09:25:50|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親子で行く大滝山

子供と一緒に山に行ってきました

めずらしく娘が一緒に行ってくれるとの事
家でゴロゴロしながらゲームしてたら太るからって理由らしい

クソ混雑の北アルプスにおいて最も静かな山
大滝山に行くしかないな 混雑きらい!
DSC03937_R.jpg

ゲート前に車を停めて、登山スタート
林道結構荒れてて、道路がえぐられている個所も複数
四駆じゃないと危険です

しばらく歩いて登山道への入り口
DSC03943_R.jpg

土曜日なのに車はゼロ
私たちしか登山者いないかもね 静かすぎるぜ
(となりの蝶ヶ岳・常念岳は激コミだったと聞いてます)

DSC03949_R.jpg

静かな山道を進んで鍋冠山 
DSC03952_R.jpg
展望も無いので通過点だけど
今回は休憩を挟みながらゆっくりペースなんで、ここでも休んでます

さらに進んで、ようやく林を抜けた
DSC03969_R.jpg
林を抜けたらほぼ終了地点

稜線到着
ガスガスで展望は全くありません
DSC03976_R.jpg

そして大滝山 
DSC03994_R.jpg
山頂がテン場になっている
夏山ではかなりめずらしい

DSC03998_R.jpg

当然誰もいない
DSC04000_R.jpg

テント設置
DSC04001_R.jpg

テント内はけっこう暑くなるので、外で過ごしています
DSC04005_R.jpg
計画では、テントを設営したら蝶ヶ岳まで往復するつもりだったが
ガスガスだったのと、面倒だったので!? これにて終了

DSC04017_R.jpg

昼寝中
DSC04034_R.jpg
本気で寝てました。ちょっと横になってたら知らぬ間に熟睡

その後、小屋に行き受付をしてちょっと話を聞いてたら
今年はまだ大滝山でのテント泊は全然いないんだって
私は静かな場所なんで大好きなんだけど、一般的には来ない場所だもんな

晩御飯はカップめん
DSC04039_R.jpg

その後はテントに入り込み
二人でスイッチで遊ぶ。わざわざ山まで持ってきたぜ!
テトリス対戦に燃える二人なのだ

翌朝 
DSC04049_R.jpg
昨日は見えなかった穂高の稜線&槍

日の出
DSC04050_R.jpg

日の出 いつもならこのような写真は撮らないが
ここ山頂だからね、夜明け前から小屋泊まりの人がやってきて
写真撮影してるので、歩く音で起きちゃうんです

DSC04054_R.jpg


DSC04058_R.jpg

朝はゆっくりしているつもりだったが
二人とも起きてしまったので、帰る準備をいたします
DSC04063_R.jpg
蝶ヶ岳往復するってことも考えたが、そのまま帰ることにした

早い時間に下山したので、帰りは高速をつかわず下道で
のんびりドライブを楽しみながら帰宅するのでした

で、帰宅後「また山行くやろ?」 「もう行かない」
予想通りの返事でした(笑)
  1. 2017/08/07(月) 09:39:41|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

晴れを狙って薬師岳

久しぶりの山です

いや、2回ほど山には行ってるんだけど仕事の呼び出しあったりして
登りだした所で撤収なんてこともあった

ちょっと間隔があいたので、簡単な山を選んで薬師岳に行くことにします
DSC03808_R.jpg
週末3連休を取得していたので、二泊三日のんびり山歩きも計画していたが
どうも日曜日の天気があやしい。山の天気予報サイトでは曇りなんだけど
海外の天気予報サイトでは日曜日大雨←こっちの方が信頼できる

日曜日は外して、一泊二日の山歩きにします

平日なのに駐車場は混雑 やっぱ登山ブームだね
そしてクソ暑い。ちょっと歩くだけで全身汗ビッチョリ
DSC03813_R.jpg

夏山は荷物が軽いから、ペースもそこそこで歩けます
DSC03833_R.jpg

ちょっと雲があるけど、天気は良い
たまに風が吹いてくれるから助かる
DSC03845_R.jpg

計画より早く太郎平小屋到着
DSC03852_R.jpg
今回出発が午後なんです
テント場に着くの夕方になるかもって思ってたがあっさり歩くこと出来ちゃいました

いつもは早朝出発なんだけど今回
任天堂スイッチ スプラトゥーン2同梱版の発売日なのです
予約してあったので朝セブンイレブンに受け取りに行き、家でセッティングしてから
車を走らせた。8時半くらいに出発で来たが折立登山口は遠くて
4時間以上かかってしまい歩きだしたのは午後

DSC03855_R.jpg

テント場が見えてきた
駐車場の状況からしたら少ないね

DSC03863_R.jpg

テントを設置
DSC03865_R.jpg
全身汗ダクなので体を拭いて、ちょっと横になる
・・・暑い テント内は相当あつい

翌朝です
四時半に起きて歩きだします
DSC03879_R.jpg

今日もいい天気になりそうだ
DSC03883_R.jpg

北の俣岳方面
DSC03902_R.jpg

薬師岳
DSC03906_R.jpg

山頂は涼しいというかちょっと寒い
DSC03915_R.jpg

稜線をバックに写真撮ってもらった
DSC03917_R.jpg

北薬師岳 美しい稜線だ 冬に歩きたい(むちゃ危険だが)
DSC03919_R.jpg

テントに戻り、撤収そして下山
登山計画書は二泊三日だったので帰宅したら家族ビックリしてた
でも、予想(予報)どおり日曜日の北アルプスは朝から大雨だったみたい

帰宅後はスイッチで遊びたかったのに
子供に独占されてしまい、未だに全く遊べてないのだ

  1. 2017/07/24(月) 09:27:52|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大ノマ岳 山頂テント泊

土曜日は雨だったので日曜日・月曜日の二日間で山遊び

行きたい山はあるけど、ロングドライブが嫌だったので
いつもの新穂高までやってきた

わさび平山荘
DSC03642_R.jpg
そうとう雪減ってます
5月になってから急激な気温上昇で、夏日とか記録しちゃってるもんね

ここで休憩しています
今回の主食はパンです
DSC03643_R.jpg
スーパーの袋に雑にパンを詰め込んでます
ちょっと汚らしいけど気にしない

小池新道からの景色
DSC03652_R.jpg
まだまだ白いぜ

大ノマ乗越を目指しています
DSC03661_R.jpg
快晴で気温もそこそこ高く
雪がけっこう緩んでいます

念のためワカンを持ってきていて正解だった

DSC03663_R.jpg

見た目だと近いんだけど、やっぱ斜度があるから
なかなか進まない
DSC03665_R.jpg

あれが目指す稜線
DSC03667_R.jpg

ふぅ つかれた。大ノマ乗越 到着
DSC03668_R.jpg


DSC03671_R.jpg

槍方面も快晴
DSC03676_R.jpg
いい景色だ

まだ雪庇が残ってるので、あまり近づかないように歩く
DSC03677_R.jpg
亀裂も結構みかけたんで、もうすぐ崩れるんでしょうな

大ノマ岳 到着
DSC03682_R.jpg

今回の目標は大ノマ岳 山頂にてテント泊をすること
前回来た時に、ここでテント張れたら気持ちいいだろうなと思ってた

DSC03687_R.jpg

テント内からの景色
DSC03688_R.jpg

山頂という場所柄、風に強いテントを持ってきているが、このテント重い
今時のテントの倍以上重量ある
DSC03696_R.jpg

どうです、いい場所でしょ!
DSC03701_R.jpg

この写真もすんばらしい
DSC03704_R.jpg

本当は防風ブロックというか、穴を深くして風を防ぐべきなんだろうが
めんどくさかったので、整地だけで終わらせた

あと、風も吹きだしてきてドローンもほとんど飛ばせなかった

そして夕方
どんどん天気悪くなります
DSC03708_R.jpg

テントにバチバチと雪が叩きつけるようになってきた
・・・実際は大粒の雨でした 夜の間はずっと雨だったのです

夜中、私のテント内は水浸しでした
テントの撥水能力とシーリングがダメになっているみたい
テント内の低い場所に水がたまっていてコップ3杯くらいあったと思う
いくつかの荷物もビチャビチャになった
いつもは全ての荷物をビニール袋に入れて、さらにザックの中に入れて寝るんだけど
今回はちょっと油断してしまった
雪山でしか使わないテントで、雪だったら問題ないが雨だとダメだと分かった


DSC03710_R.jpg

テント内の排水作業をAM3:30位からやってて、そのまま朝になった
ガッスガスで何もみえません
DSC03713_R.jpg

弓折岳まで往復することも考えてたけど、もうやる気はナッシング

DSC03714_R.jpg

さっさと下山です。あまりにも早い下山となってしまったので
帰りは一般道をつかって、ドライブしながら帰宅
平日なのにせせらぎ街道にけっこう自転車乗りがいて驚いたのでした

テントは撥水剤を買ってきて塗ろうと思うが、シングルウォールテントなんで
シリコン系撥水剤塗っていいのかよくわからん
  1. 2017/05/16(火) 10:10:10|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

連休の山遊び 2017 後編

ピーナッツさんとの山遊び

中崎尾根にテントを設営し、翌日は西鎌尾根~槍ヶ岳を目指します
DSC03583_R.jpg

出発早々この状況凄い景色です。
槍平~飛騨沢軽経由のルートならとっても簡単だけど
景色が単調すぎてつまんないし、工程も長すぎるのでこっちを選んだ

DSC03584_R.jpg

中崎尾根の終盤 
DSC03586_R.jpg
ここまでは特に問題ない

この先、西鎌尾根に上がるのがちょっと大変
DSC03589_R.jpg

遠目にみても結構な斜度の所を登るんだけど
その場所に行ってみたら、もっと斜度を感じる

斜めトラバースぎみに進まないとダメなんだが
斜度があり、危険を感じたので、斜め上に進むことにした
DSC03592_R.jpg
登りはなんとかなるけど、帰りは絶対やばいよな。とか考えていた
工程考える時点で、帰りにここを通るのは危ないので荷物担いで槍に行き
飛騨沢経由の下山で届けをだしていたくらい

でも、本日はテントを設営したまま来てますので
同じ道を戻らないといけません

そんな嫌な状況で斜面を登っていたのだが
すさまじい風が捲き始めた

谷からの突風 斜面にはりついて風をやり過ごすことも

このままでは本当に危険だと感じたので、ここで撤退を決める

DSC03593_R.jpg
後ろ向きでゆっくり撤退中

その後稜線ではかなり強風が吹き荒れてたようです

安全地帯まで戻ってきた
DSC03600_R.jpg
天気は最高なので写真を撮る

ゆっくり景色を眺めています
DSC03607_R.jpg

春山とは思えん景色
DSC03611_R.jpg


DSC03612_R.jpg

DSC03615_R.jpg

飛騨沢には数名の登山者が見える
DSC03616_R.jpg
あっちから行けば良かったかな。でも道中が全く景色を楽しめないから
つまんないんだよね

壮大な景色をバックに下山するピーナッツさん
DSC03621_R.jpg

テントに戻って片づけて、下山
しかし帰り道の長いこと長いこと。林道歩きが苦痛

たっぷりすぎる雪を楽しめたし、鍋も旨かったし目的は達成だ!

連休後半は・・・何も考えてません
  1. 2017/05/03(水) 15:35:08|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ