貧脚だっていいじゃない!

大ノマ岳は快晴です 後編

弓折岳山頂手前の平坦地でテントを張った翌日です

朝から快晴
DSC03457.jpg
前日は気が付かなかったが、トレース有るやん
昨日誰か通ったのかな?

テントから大ノマ岳方面
DSC03458.jpg

さて、本日の計画は 笠ヶ岳往復で下山は翌日

朝5時半頃に出発(かなり明るいしもっと遅かったのか?)
DSC03466.jpg

早朝は相当寒いと思ってたけどそんなに寒くない。
それでも氷点下だとは思うが日差しのせいで暖かい

DSC03472.jpg

弓折岳まで登って、大ノマ乗越まで下って、また大ノマ岳まで登ります
これが結構面倒でそこそこ時間消費。テントの位置が良くなかった

大ノマ岳 山頂からの景色 
DSC03483.jpg
すばらしい

あとはこの稜線に沿って笠ヶ岳方面を目指すが
この時点で往復プランは無理だと直感。時間的に抜戸岳往復になるのを覚悟
DSC03487.jpg
そして、もっと問題なのが
抜戸岳稜線に出るルートがここからだと見当たらない
相当下まで降りてから登り返すルートならあるけど、遠すぎて無理

まあいいや、もっと近づけば何とかなるっしょ!って軽く考え歩いてる
DSC03490.jpg
夏道はたぶん正面の岩の所がルートなんでしょうな

これね、写真でみるよりずっとずっと急斜面で
雪が微妙に柔らかいので登るのが相当困難っぽい

でね、遠くからも見えてたんだけど
この稜線全部なんだけど、雪庇が手前に張り出してるんです
DSC03491.jpg
危険な急斜面を抜けても雪庇があるんじゃ無理やん


この付近 ずっと平坦地 秩父平って名前なんだけど
どこでもテント張れるしいい場所です
DSC03493.jpg

ほぼ垂直みたいな場所を木を掴んで登ってます
DSC03495.jpg
もっと右から捲くのが良さそうだったが、この場所にきたら
木々の所を抜けたほうが行けそうだったんだよね

全然登れなくて時間をロス
斜度もあるから怖くなって辞めちゃった

結果論なんだけど、このルートは間違いだった
木の所を登ってもそこは垂直の岩で行き止まりで右に降りなきゃダメやった

思い切って下の写真の所をトラバースして進めば雪庇の無い所に出られたようだ
DSC03497.jpg
単独でこの場所をトラバースするのは怖いのでやめときます

普通なら計画を断念して残念がる所なんだけど
天気がすごく良いから景色をみているだけで楽しい
日差しがあって暖かいし 最高なんだ


大ノマ岳まで戻って景色を楽しむ
DSC03513.jpg

DSC03514.jpg

この景色だよ 凄かった
DSC03519.jpg

景色眺めながら この後どうしよう
なんか景色だけで満足しちゃってるんだ
DSC03520.jpg
このまま双六岳へ向かっても良さそうだけど
天気良すぎて雪がかなり緩みつつある

テントまで戻ってきちゃった
すっごく雪が緩んでいて弓折岳からの下りは怖かった
DSC03530.jpg
ここでボーっと過ごすのも魅力的だったが
景色だけで満足しちゃってて、もう思い残すことはない(笑)

撤収 そして本日下山します
DSC03532.jpg

ちょうど登ってくる人がいたので写真撮ってもらった
DSC03534.jpg
下山の時も暑くて暑くて半そで一枚になってます
日焼けがヤバいです。腕とかヒリヒリして痛いもん

雪はそれなりに多いんだけど、気温が高くてすごい勢いで減ってるみたい



スポンサーサイト
  1. 2017/04/25(火) 14:45:13|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大ノマ岳は快晴です

まだまだ雪が楽しめる北アルプス

左俣林道の出発点でも雪があります
DSC03408.jpg

林道を終えて小池新道へ
DSC03414.jpg
例年なら超巨大なデブリゾーンですが今年は控えめ
雪が少なかった訳じゃないのになんだろ?


年末年始に来た時はこの場所からだとかなり木々がみえてたけど
すっかり雪に下になってます
DSC03424.jpg

今回はパンを主食として持ち込んでます
DSC03426.jpg
このでっかいのや、アン食パンを1本など

本日の目標は大ノマ岳山頂付近にテントを張るんだけど
時間的に絶対無理
DSC03428.jpg
雪が・・・グサグサでかなり歩きにくい
軽量化もあってスノーシューは持ってきてないから沈んじゃうんだ


そして・・・・めちゃくちゃ 暑いです

暑すぎて肌着1枚、しかも腕まくりして歩いてます
この雪景色なのに半袖1枚でOKなくらい(風吹くとさむいけど)

DSC03431.jpg

緩んだ雪に苦戦して大ノマ乗越経由で進むのは時間的に厳しいと判断
弓折岳の山頂手前の平坦地までなら行けそうなので、そちらを目指します
こっちは以前ピーナッツさんとテントを張った場所なんで地形も把握

鏡平付近なんだけど、やっぱり雪の量としては多い
DSC03433.jpg

ヘロヘロになりつつテント設営地に到着
DSC03440.jpg

疲れた~ 最近体動かしてないからつらいっす

DSC03445.jpg

テント用に穴を掘りたいが、氷の層が15cmくらい下にあって
硬くて硬くて掘れません
短いスコップで中腰になりながら掘ってると腰が痛くなるしやめた
DSC03446.jpg

風は吹かない天気予報なんでこれで十分でしょ

DSC03449.jpg

絶景ポイントなんだけどね、ガスガスで展望ナッシング

DSC03451.jpg

翌朝
DSC03456.jpg

雲ひとつない快晴
テンションあがるね~ 
  1. 2017/04/24(月) 16:01:08|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休なので槍ヶ岳 後編

中崎尾根にテントを張った翌日です

ちょっと雪が降りました。そして天気がいまいち
風がけっこうあるんだわ

DSC03295.jpg

本日の予定は槍ヶ岳を往復するだけなので、朝は超ゆっくりです
早朝組だと、真っ暗な4:30位から行動開始してたと思われますが
私が出発したのはだいたい7:30 
DSC03306.jpg

テントの場所は中崎尾根の最終エリアなんで
後は、西鎌尾根へと上がればよいだけ、標高差も少なく
全くもって危険な場所は存在しない
DSC03316.jpg

西鎌尾根に到着
DSC03318.jpg
この先も危険な個所やヒヤヒヤする場所は無く
冬季槍ヶ岳はかなり簡単な初心者ルートですな

登ってきたルートを振り返る
DSC03323.jpg

さて、後は尾根に沿って槍ヶ岳を目指します
DSC03336.jpg

ちなみに私の装備はかなり軽装です
ゴーグル・・・持ってきてないよ
バラクラバ・・・無し。耳あてのみ
グローブ・・・薄いフリース手袋の上に防水グローブ
いわゆる真冬装備は無し!こんな軽装私だけやったかもしれん
でも、これで十分だった

後ろを振り返るとなかなかの景色
DSC03341_201703221321103b7.jpg

これ快晴だったら凄い景色なんでしょうな
DSC03356.jpg

そして 槍ヶ岳
DSC03380.jpg
結構人がいる?よくわからないが
この日10人はいたんじゃないか?

冬季小屋をチェックして、いったん休憩とする
DSC03382.jpg
この付近ってライブカメラで映っている場所だから
ここにテントを張って、みんなに「ライブカメラみて!」ってやりたかった(笑)

風もあるから、防風エリアで休憩したかったが
そんな場所なかった
DSC03385.jpg

テーブルで休憩。こんな場所に座ってごめんなさい
DSC03390.jpg

さて、肝心の槍ヶ岳山頂ですが 行ってません

風が強かったことと、ガスで展望も無さそうだったから
風については動画で撮ってあるので雰囲気くらいは伝わるかな

さて、テントに戻りましょう
DSC03392.jpg

テントに戻りながら時間を計算する
もう1泊する予定だが、午後2時までにテントに戻れるなら
本日中に下山できるんじゃないか?(真っ暗だけど)

ちょっと急いで戻ったら、12:30にテント着
大急ぎで昼飯&撤収を行い13:00には下山開始

新穂高に戻ったのはまだ明るい17:15
ってことで、2泊の予定が1泊で済んじゃいました

二日目の行動がもっと早ければ、余裕で1泊で行けるやん
雪がたっぷり有るうちにもう一回くらい行っておこうかな

  1. 2017/03/23(木) 09:26:38|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休なので槍ヶ岳

3月18~20日の3連休

どこに行こうか悩んだ結果槍ヶ岳に行くことにした

最近暖かくなったので、荷物も春山装備だよな~とパッキングしてて
あれ?槍ヶ岳の3月って真冬じゃないか?と気が付いて荷物を詰め直す

新穂高はやっぱまだ冬だった
これ、序盤の林道の橋
DSC03221.jpg
2mくらい積ってるのかな?

白出沢で小休止
連休なのでバックカントリーが数名入っているようだ
DSC03223.jpg
トレースバッチリでありがたい
私は年末に来た時と同じルートを行く予定なんで
出発は少々遅めでした

この時期の槍ヶ岳のルートはひたすら沢の上を歩くだけ
DSC03242.jpg
沢の上なので木もなく快適な歩きです

槍平小屋が近づいてきた
DSC03245.jpg

雪が多いのわかるでしょうか?
DSC03246.jpg
これ2階ですよ  1階は完全に雪の下

奥丸山~中崎尾根ルートでの予定ですが
なんとここで、トレースが途絶えます

バックカントリーの人達は飛騨沢から直登みたい
そして、先行者たちに追い付きます

前方に5名(6名?)の山岳会グループ、他には2人組や単独者2名?など
どこぞの山岳会の人達がラッセルして中崎尾根へのルートを
開拓し始めていた。そのトレースについていった人もいましたが・・・


DSC03249.jpg

私もこれに続くべきかちょっとだけ悩んだが
ラッセル泥棒と言われるのが嫌だったので、独自でルートを開拓することにした
それに、前方にもっと簡単に尾根に上がれそうなルートが見えていた


中崎尾根へと上がるべく、適当なルートで歩きます
DSC03255.jpg

あれを超えたら尾根だ、あと少しだ、がんばれ
DSC03257.jpg

ようやく尾根に付いた。これでテントを張って休めるぜ

・・・尾根 めっちゃ細いんですけど
DSC03259.jpg
う~ん、とてもテントを設営できる場所がありません
やばい、もっともっと手前の尾根じゃないとテント適地が無かったかも

戻るのは嫌だったので、ちょっとだけ進んでテント適地を探す
DSC03267.jpg

なんとかテントが設営出来る場所があった。よかった
DSC03272.jpg
ちなみに、これ以降にはテント設営出来る場所が全くなかったので
偶然にも最終ポイント付近の谷を登ってきたみたいだ

適当に穴掘ってテント完成
DSC03274.jpg
テントの右側は雪庇っぽいので、ちょっと不安
さらに風はテントの左から吹く場所です
風上側には防風ブロック無し。傾斜なんでつくれません

DSC03283.jpg

テントからの景色  無し
DSC03284.jpg

ちょっと顔を出せば飛騨沢から槍方面が良く見える
槍は見えない場所ですけど
DSC03285.jpg

初日は終了
明日は槍ヶ岳を往復しましょう♪ 続きます
  1. 2017/03/22(水) 10:00:59|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 静かな雪山で鍋をつつく 後編

天候悪化するのは確実なので、テント適地まで戻り
宴会の準備を始めます
CIMG0159_20170103183414f00.jpg
こんなに快晴なんだけどね、夜から翌日にかけて悪天候なのだ

お互いたっぷり鍋の食材を持ち込んでます
CIMG0169.jpg

二人なのに、それぞれが2人前程度は用意しちゃってるので
かなりの量になってます

CIMG0170.jpg
キムチ鍋を作ります
材料は、豚肉・肉団子・はくさい・えのき・シイタケ・ネギ・もやし など
お互いに好きなのを持ち込んでます

クッキング中の二人
CIMG0171.jpg
ピーナッツさんヘッドライト付けてるが痛恨の電池切れ
この時は明るかったので電池切れに気づいてなかったんでしょう

鍋完成
CIMG0177.jpg
食材持ち込みすぎたので食べきれないかと思ったけど
3回に分けて鍋を作り全部食べちゃった うまかった~
残ったスープでラーメンも考えていたがもう無理 


さてさて、夜から天気が悪くなるってことで
鍋パーティーを楽しんでいたあたりから、雪が降り始めてきた
その雪もだんだん強くなってきた(みたい)
気温があまり下がらず、ぐっすり寝てたんだよね

翌朝 そこそこテント埋まってますね
CIMG0180.jpg

テントから出るときに気をつけないとテント内雪まみれになります
帰るだけなので、雪まみれになってもいいが、気分的にね
CIMG0183.jpg

これは雪が降る前の前日のテントの様子です
CIMG0156.jpg

雪に押されて、かなり狭くなってるのわかる?
CIMG0185.jpg

私のテントは元々広いやつなので、雪に押されても全く気にならなかったが
CIMG0186.jpg

ピーナッツさんのテント・・・すごく狭くなってて笑ってしまった
CIMG0189.jpg
ほっそりしちゃってます(笑)

朝飯に昨夜のキムチ鍋の残り汁を利用してラーメンって考えてたが
雪が降り続けてるし、狭くなったテントでラーメンを煮込むのも面倒だってことで
お互い適当に朝食を済ませております

さて、帰りましょう
ほぼトレースは消えちゃってますが、この先は簡単なルートなので問題なし
CIMG0195.jpg

鏡平まで行ってたら帰りもちょっと面倒だったと思われます

そして下山
CIMG0197.jpg

下山後は二人で露天風呂にて汗を流し、王将で唐揚げ・ギョーザを
腹いっぱい食べるなど 下山後の方が充実してたかも(笑)

すべての工程がたのしかったな~
やっぱ(しずかな)雪山はいい!
ピーナッツさんまた行きましょう
  1. 2017/01/06(金) 08:45:42|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

FC2Ad

まとめ