貧脚だっていいじゃない!

ステルスカーボンPBO 装着

購入編の続きです

まぁ・・・自己満足だけの世界であることをご理解していただきたい(笑)


若干控えめなディープリム? スピナジーステルスカーボンPBO
赤いスポークなのでタイヤも赤で統一
・・・でも通常の3倍の速度がでる訳ではありません(笑)


自転車に装着!
DSC07981s.jpg
フロント


リア
DSC07982s.jpg


斜め下
DSC07980s.jpg

真横
DSC07983s.jpg

う~ん、どうなんでしょう?

使用中のホイール ゼロライトPBOも赤いスポーク&赤いタイヤなので
あまり前と印象は変わらない気がします

スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/07/07(木) 20:01:15|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

スピナジーのディープリム

ディープリムのホイールが欲しい!!

ってことで


スピナジー ステルスカーボンPBO(クリンチャー)
DSC07955s.jpg

フルカーボンではなく、アルミリム
DSC07957s.jpg

ディープリムは45km/h位で巡航しないと効果がわからないらしい
つまり私には不必要な品とも言えます

でも、カッコイイから欲しい!!
ディープリムは男のロマンって有名なことわざもあるくらいだし(笑)

DSC07959s.jpg
リム高45mmなので、ディープリムとしてはちょっと低いのかな


スピナジーのレッドスポークってことで気が付いた人もいるであろう
現在使用中のホイールは
DSC07964s.jpg
スピナジー ゼロライトPBO です


並べて比較
DSC07966s.jpg

DSC07974s.jpg


ステルスカーボンPBOはゼロライトPBOにカーボンのカバーを付けただけ
その分重量も増えてます つまり軽量化どころか増量化しています(笑)

DSC07970s.jpg
赤いスポークのディープリムで探したら、この品にたどり着いたんです
乗り心地や性能は基本的に変らないはずなので安心感もある

DSC07971s.jpg


アルミリム&クリンチャー この二つも私の使用環境では必須と言えます

日頃走っている場所は路面状況がけっして良いとは言えない場所だし
カーボンリムだと下りに不安があるからね

DSC07977s.jpg

そのうち走りに行ってきます♪

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/07/06(水) 20:44:30|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

自転車オーバーホール

自転車を持ち込み Cyklis へやってきた
DSC07317s.jpg

目的はオーバーホールである
これまで清掃・調整などの作業はすべて自己流でやってきたが
そろそろきっちりメンテナンスが必要な気がしてきた

だってさ~
私の使い方では自転車乗るたびにこんな風になっちゃうわけだし
DSC07130s.jpg
素人の整備では精神的にも安心できない!

いろいろとチェック中
DSC07318s.jpg
・・・立ちゴケの傷も多数あるのであまり見ないで~(笑)



これまで、自己流で調整・メンテナンスをしていたので
ここでとんでもないミスが発覚

フロントブレーキのカートリッジ(舟)が左右逆だった(笑)
ブレーキかけたときに、ブレーキシューが戦線離脱する可能性もあった訳です
・・・ごめんなさい かなり前からその状態でした


DSC07321s.jpg

さらに、サドルが曲がっていた
見ればすぐ分かるほど凄い曲がっていた
・・・2年近く気が付くこともなく乗っていた私はアホです(笑)

どうも、シートポストの交換が必要なレベルらしい・・・
このシートポストは専用品で安くないし・・・


DSC07322s.jpg

きったない・きったないバーテープはもちろん交換

オーバーホールには時間がかかるので、この週末のライドはおあずけです
はやくピカピカになって戻っておいで~♪


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/13(金) 09:49:49|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

坂を使って回復走

疲れ切った足を回復させるため
のんびりサイクリングをしてきた

<前夜のこと>
登山から帰ってきたら、足がパンパンになっており
ヨロヨロとしか歩けない状態だったので、両足合わせて12枚のシップを貼っていた
家族みんなからクサイクサイと言われる始末

子供達「うわぁ~くせえ にげろ~」
私「ぐわぉぉ!!サロンパスマンだぁ!!」
などと追いかけっこをしてました。そんなほのぼのネタはどうでもいいです(笑)

出発
DSC06314s.jpg

ヘロヘロな脚では峠へ向かうのは無理なので、軽い坂を中心とした回復走

金坂峠へ向かいます
DSC06315s.jpg
ここ、名前は「峠」だけど、どう考えてもごく普通の「坂」です

DSC06317s.jpg
汗をかくこともなく、終了



続いて向かうは あの山だ!
DSC06318s.jpg

名古屋坂と呼ばれる場所です(冬期閉鎖中)
DSC06319s.jpg

こっちは「坂」というより「峠」だと思う
まぁ・・・斜度が緩いのでここも簡単にのぼれます

路面もきれいなもんで、なぜ月末まで閉鎖しているのかわからないほどだった

DSC06321s.jpg


DSC06322s.jpg

最後は、本拠地「大谷山」

DSC06323s.jpg
あれ??道路がすごくキレイなっています

掃除してもらえたんですね。ありがとうございます♪
DSC06325s.jpg

シメはもちろん挽きたてコーヒー
DSC06327s.jpg

う~ん、香りも味も最高
DSC06329s.jpg

最後にもっとも基本的なことだけど
回復走って・・・なに?(笑)

いつもと全く同じペースでダラダラ走って帰ってきちゃいました。


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/03/06(日) 15:31:08|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

連続パンクとリムテープ交換

雪の降るこの時期 全然自転車乗ってないに
謎の連続パンクに見舞われてました

1回目
自転車が置いてある部屋から「パァン!!」と爆音
前輪がパンクです
DSC05536s.jpg


2回目
チューブを交換して2~3日後 1時間ほど走ったのだが
出発前に調整した空気圧がすでに半分くらいまで低下していた


タイヤの表と裏に傷や異物が無いか念入りに調べ、リムにも異常がないかチェック
DSC05538s.jpg
チューブも交換をしておきました


3回目
前回念入りにチェックして異常がなかったので安心していたが
3日ほど経過してからタイヤを触ったら、簡単にへこんでしまうほど空気が抜けている!!


なんで????もう訳がわかりません


チューブをお風呂で徹底的に調べてもよくわからないし

まさか・・・リムテープ!?
DSC05540s.jpg

ネットで調べたら、リムテープが原因のパンクもそこそこ有るみたいだし
年1回交換した方が良いらしいことがわかった

これが問題のリムテープ
DSC05541s.jpg
問題があるようには見えないんだけどなぁ


だが、リムテープ交換くらいしか他に手段が思い浮かばないので早速注文
DSC05549s.jpg

交換
DSC05554s.jpg

交換から数日経過しても、空気の抜けはありません
先日の100kmライドでも全く問題ありませんでした

DSC05559s.jpg

原因はやはりリムテープでありました

こんなことが原因のパンクもあるんだね
大変勉強になりました


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/25(火) 15:08:33|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad

まとめ