貧脚だっていいじゃない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北アルプス最深部を歩く その1

北アルプスの最深部と言われる
鷲羽岳・水晶岳

二泊三日の工程ならば、かなり余裕をもった行動もできるし
頑張れば、いろんな山を巡ることもできちゃいます

まずは、三俣山荘を目指して歩き出す

小池新道 ここから本格的な登りがスタート
DSC00926_450.jpg


<鏡池>  槍ヶ岳もくっきりです
DSC00932_450.jpg
先月来たときは・・・何もみえなかったなぁ~


初日の行動は、双六岳を経由して三俣山荘まで行くことのみ!
時間的に余裕があるのは分かっていたので
道中に3つある山小屋すべてで休憩をいれつつ、ゆっくりと進む
DSC00934_450.jpg
<鏡平山荘で休憩中>


とにかく天気がよい
DSC00935_450.jpg

標高が上がると、すこしずつ紅葉が始まっている
10月に入れば見事な紅葉になってるんじゃないかな?
DSC00937_450.jpg


弓折乗越でも休憩してたなぁ~
槍ヶ岳がくっきり見えるし、ついつい記念撮影もする
DSC00940_450.jpg


弓折乗越から歩きつづけていくと・・・

正面に鷲羽岳がみえた!!!
うひょ~ かっこいい山容です
DSC00944_450.jpg
高かったテンションもさらにUP


もちろん双六小屋でも休憩して食事をとる
DSC00945_450.jpg

双六岳から三俣山荘へ向かうルートは

双六岳・三俣蓮華岳 縦走ルート
三俣蓮華岳を経由する 中道ルート
どちらも登らない 巻道ルート この3つがある

個人的な感覚なんだけど、この3つのルート
短縮できる時間は大きく違わない(と思う)

最短ルートで1時間50分
最長ルートで2時間20分 こんなもんかな

DSC00949_450.jpg

時間的に余裕もあるので、双六岳を目指して登ります

ここまでの行動まとめ
5:10 新穂高温泉 ~ 8:50 鏡平山荘 ~ 10:30 双六小屋(休憩20分)

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/09/30(日) 22:49:11|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。