貧脚だっていいじゃない!

静かなる大滝山

登山ブームすごいね

新穂高は夜中に駐車場行っても全く入れないもん

人の多いところは嫌だったので、超マイナーな大滝山に行きます
一応常念山脈の端っこになり、蝶ヶ岳のすぐ近くになんだが
とにかく人がいないエリア

三郷スカイラインって道を進み、舗装路最終地点に車を止める
DSC02678_R.jpg
日帰りで楽々行けるコースなんだが今回はテント泊なので
出発はかなり遅いです。車で4時間以上かかったし

1時間くらい林道歩きがあったと思う
ゲートがあるから車は入れません

登山口到着
DSC02681_R.jpg
冷沢って書いてあり、水の音は聞こえるが、水場あったかな?

登山道はキレイに整備されている
DSC02682_R.jpg
マイナールートだけど、毎日数名は歩いてる様子
道中誰にも出会いませんでしたけど

整備された林の中を歩く
DSC02687_R.jpg
天気もよいから、林の中を歩くのが気持ちいい

鍋冠山だって
DSC02690_R.jpg
林の中にあるから、単なる通過点でしかない

その後も整備された道を進む
DSC02691_R.jpg

だんだん木々が低くなり視界が広がってくる
DSC02695_R.jpg

稜線に出た!一気に視界が広がる
DSC02698_R.jpg
目の前に蝶ヶ岳、奥には穂高・槍の姿が飛び込んでくる

稜線の分岐点
DSC02702_R.jpg
前方に山小屋っぽいのが確認できたから
あれが大滝山荘だと思い、その方向に進むんだけど

あれ?おかしい
山小屋まで1時間くらいかかる計算になってしまう
数分のはずなのに・・・・

分岐点間違えてた。分岐の看板付近に道が無いように見えたが
ちゃんと道ありました

来た道を戻ります。と言っても200~300mしか進んでませんが
DSC02703_R.jpg

大滝山山頂
DSC02710_R.jpg
山頂がテント場になっています。ちょっと珍しい
道中誰にも会わなかったが先客がいました
私と同じくマイナーな山なので誰もいないと思っていたそうです

テント場付近からの景色
DSC02713_R.jpg


DSC02714_R.jpg

山頂から100mほど進んだところにある山荘
DSC02717_R.jpg
むちゃんこ静かな山荘です
テント場はこの横にあるかと思ってた

南峰ってのもあるみたいなので行ってみた
DSC02720_R.jpg

DSC02724_R.jpg


おなじみのドローンでございます
DSC02725_R.jpg
こんかいもビビりながら飛ばしました
落ちないとわかってるんだけどね~

最終的にテントは3張りになりました
DSC02731_R.jpg
10張りけるらしいが、ここ登山道だし山頂だし
5張りくらいできつそう。まぁ最盛期でも10張り無さそうですけど

翌朝です
DSC02733_R.jpg
山頂がテント場なので、小屋どまりの人が日の出を見に来るので
それなりにうるさいです
私は日の出に興味なかったのでゆっくり寝たかったが起こされてしまった

鍋冠山・雲海・日の出
DSC02735_R.jpg


DSC02739_R.jpg

かなりお気楽だし静けさを求めるには最適な山だった
残雪期に来てみたいな

スポンサーサイト
  1. 2016/09/12(月) 10:12:00|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

まとめ