貧脚だっていいじゃない!

100円ショップでコンロ

個人的なことですが夏山にはバーナーを持っていきません
パンやアルファ米なら水を沸かす必要ないからね 

持って行っても1回お湯を沸かす程度なんで無駄だと思うようになり
3泊の予定であっても夏山にはバーナーは持っていかなくなった

でも、安くて軽くて小さいのなら持って行っていいかなと考えて
100円ショップで使えそうなものを探してきた
DSC04367.jpg
アルミ皿2種・受け皿・網  あとは固形燃料

丸いアルミ皿の中に受け皿を直接IN
DSC04368.jpg
これなら防風も兼ねているし、炎が広がってテントに燃え移る可能性も低い

100円ショップで4個入りのジェル状燃料
DSC04369.jpg
こいつは火力もあるし、ごみもほぼ出ないし使いやすい
しかしこの状態ではコッヘルとの距離が近すぎて火力のロスが大きそう

四角いアルミ皿を折り曲げてみた
DSC04371.jpg
丸よりは少しだけ高さを稼げる

固形燃料に着火
DSC04373.jpg

アルミとの距離が近いので溶けるかと思ったが
予想に反して全くアルミ皿には影響なかった

DSC04374.jpg

1個でちゃんと沸かせます
DSC04375.jpg

ジェルタイプの燃料は最後に少しごみが出る
DSC04376.jpg
エスビット系の固形燃料すべて燃え尽きるのでこの辺りが違いです
まあ、エスビットは高いしススがでるし匂いも独特なんで好みは分かれるでしょう

今度はエスビット燃料で実験
DSC04377.jpg
サイズ的には良さそうだ 2個投入

エスビットだと、丸形アルミ皿をそのままでも問題なさそうです
DSC04378.jpg

燃焼中
DSC04379.jpg

燃焼中
DSC04380.jpg

少し風があったので風下側に火が出ています
DSC04381.jpg
やっぱりもうちょっと高さが欲しいところだが
十分実用的と判断してテスト終了


100円ショップバーナーセットのパッキング方法

コッヘルに受け皿を入れる
DSC04382.jpg

エスビット固形燃料を入れる
DSC04383.jpg

ライターを入れる
DSC04384.jpg

蓋をして、そこにアルミ皿をセット
DSC04385.jpg

さらに網をセットで終わり
DSC04386.jpg

この状態で78gでした
DSC04387.jpg
これでコッヘルが2個と固形燃料たくさん入り
軽量コンパクトだし、これで十分でしょ!





スポンサーサイト
  1. 2017/09/28(木) 09:10:00|
  2. 山の道具達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

まとめ