貧脚だっていいじゃない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

能郷白山 ラッセルツアー<前編>

奥美濃の盟主 能郷白山

豪雪で知られるこの山へ超ド級ラッセルツアーに挑んできました
DSCF1978s.jpg

冬期能郷白山へのルートを計画すると
林道を歩いて登山口まで 2時間
登山口から山頂まで    5時間

帰りもほぼ同時間だとすると・・・
日帰り登山としては計画事態が破綻している気がする
天候・雪質・トレースの有無によってさらに時間が延びる可能性もある

万が一に備え、テントを背負い
家族には計画書と共に「一晩帰ってこなくても心配するな」と言ってあります

午前 5:15 フル装備のバックパックを背負い、いよいよ登山開始
DSCF1923s.jpg
あらゆる事態を想定し、いろいろな荷物があるので55リットルのバックパックはパンパンです

ご同行してくれたのはラッセルマシーンさん
素敵な名前です(笑)
DSCF1935s.jpg
ラッセルは彼にまかせて、後ろを歩く計画をしている・・・卑怯な私!?


DSC06163s.jpg

予想どおりの2時間の林道歩きは、雪も締まってまあまあ歩きやすかった
DSC06171s.jpg

午前7:15 ようやく登山口へ来た

ちなみに登山口以降はトレースいっさいなし!

登山口にて、耐水バックにコンロ等クッキング用品を置いていきます(張り紙付)
ただし、二人とも歩きながら補給できる「パワーバー」「クッキー」などを必要十分なだけ持っているよ

まずは、川を渡るんだけど水量が多い上に石が凍っていて超危険
DSC06179s.jpg
1歩で渡れそうにみえるが、相当慎重に進みます
DSC06180s.jpg

川を渡ればいきなりの急登が始まる
DSC06183s.jpg

(もちろん)ラッセルマシーンさんが先頭で進みます
DSC06184s_20110306200420.jpg
かなりの斜度だし、進めないほどの雪もあったので、なんどもルートを変更してます

後ろをのんびり歩いてます ごめんなさい(笑)
DSCF1944s.jpg

最初のラッセルを終えてホッと一息
DSCF1960s.jpg

全く疲れてないのに私もホッと一息
DSC06192s.jpg

すこし進んだら次なる戦いに挑む
DSC06197s.jpg

今度は私が先頭をいく
DSC06199s.jpg

四つんばいにならないと、登れない場所です
DSCF1969s.jpg

がんばれ~ 俺
DSCF1970s.jpg

うぉぉぉぉぉぉ
DSCF1971s.jpg


こけた(笑)
DSCF1972s.jpg

その後もラッセルが続きます

最大の難所に挑戦中 
DSCF1978s.jpg

他に進めるルートがないか探したけど、どこも同じように腰までの雪だった

格闘中
DSCF1980s.jpg

雪が深くて全然すすみません
DSCF1982s.jpg

私もずっと後ろでは申し訳ないので、違う場所ではちょっぴりお手伝いをしています
DSCF1988s.jpg

午前8:45 
ようやく展望がひらけた場所に到着
あれが目指す山頂か?
DSC06202s.jpg
と、思ったら全然違っていました・・・お恥ずかしい

この先、稜線上の雪質はガッチガチに凍り付いていました
アイゼンがグサグサささってきもちいい
DSC06206s.jpg


山頂までの道のりはまだまだ続きます・・・後編へ




スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/03/07(月) 12:39:46|
  2. 雪山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

すげー。の一言です。

そして景色がすばらしい。
  1. 2011/03/07(月) 22:13:59 |
  2. URL |
  3. ひまじん #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonsan55.blog72.fc2.com/tb.php/285-d63ec35a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。