貧脚だっていいじゃない!

大ノマ乗越から大ノマ岳へ 前編

GWに雪崩に遭遇したのが秩父沢(秩父谷)
今回も同じルートを行きます

さすがに不安はあったけど、時期的にもう大丈夫でしょう
DSC02744_450.jpg

前回撤退したのと同じルート
大ノマ谷を登りつめ、大ノマ乗越・大ノマ岳(2,662m)へと向かう


新穂高~左俣林道は全く雪がない。
ぜんぜん雪がなくてビックリしたよ

小池新道に入ると同時に雪が出現
DSC02736_450.jpg

さっそくアイゼンの出番です
小池新道も最初の付近はかなり地表が出ている
DSC02732_450.jpg

ここより先は雪原みたいなところを歩いていく
下の写真状態なんでどこを歩いてもOKです

↓ちなみに誰もいません
DSC02740_450.jpg

雪崩ポイントの秩父谷を通過し
大ノマ谷の全貌が見える場所まできた
DSC02745_450.jpg

強烈な日差し 汗がポタポタと流れ落ちます


このまま谷を登り詰めるのだが、最後の最後が雪庇になっており
遠くから見た感じではとても登れるようには見えない
あれ?最後登れないじゃん。どうすんだ 右から大きく迂回するんか?
などと考えながら進む
DSC02743_450.jpg

標高2200地点で謎の落し物
DSC02747_450.jpg
スキーの板が片方・・・シールも張ってある山スキー用の高額品です
なぜ片方だけが?雪崩の形跡も1ヶ月以上前のものしかない
事故とは思いたくないが・・・謎だ


ここを少し過ぎた所で、夫婦の下山者とすれ違う
(二日間で人にあったのは、この二人のみ)

やはりこの人達も謎の板のことについて気にしていたようで
下山したら通報してもらうことになった


このようなやり取りの後、再び登り出した

先ほどの下山者がいたおかげで、稜線への登り口が判明
写真のくぼんだ付近は雪庇ができておらず、あがることが可能でした
DSC02751_450.jpg


大ノマ乗越 到着。結構時間かかったな~
DSC02758_450.jpg

大ノマ乗越から下をみた風景
DSC02756_450.jpg
スキーだったら爽快なすべりが楽しめそうです
ソリではスピードですぎて大惨事になりそうだ(笑)


大ノマ乗越を過ぎたら、大ノマ岳方面へとすすみ
コブを二つくらい越えた場所にてテント設営

DSC02760_450.jpg
槍ヶ岳を正面した、すばらしいポイントです
槍ヶ岳・北鎌尾根・西鎌尾根もクッキリと見えて最高

後ろに見えるのが弓折岳
DSC02792_450.jpg


DSC02788_450.jpg

テントの設営もすんだし、大ノマ岳を目指して
再び歩きます  ・・・後編へ



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/05/18(土) 18:51:23|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonsan55.blog72.fc2.com/tb.php/701-a1a5a604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ