貧脚だっていいじゃない!

槍ヶ岳 縦走テント泊 後編

槍ヶ岳にテントを設置し、暇だからガスで覆われた山頂へ向かいます

(時々ガスが晴れるけど、こんな状態は5分ともたない)
DSC03117_450.jpg

それでは、山頂からの景色をどうぞ!

どこを写したのか不明(笑)
DSC03120_450.jpg

たぶん  双六岳方面
DSC03121_450.jpg

山頂の祠
DSC03123_450.jpg


何も見えないよ~ 

それでも、しばらく待っていたらガスが晴れてきた


西鎌尾根方面
DSC03124_450.jpg

槍ヶ岳山荘
DSC03125_450.jpg

北鎌尾根方面
DSC03126_450.jpg


山頂からみたテント場
DSC03130_450.jpg
ガスでちょっと分かりにくいけど、左側下段オレンジのが私のテント

山頂にも行ったし、景色も見られたし
とりあえず、満足


山小屋でビールを買って、テントまで戻ります
DSC03118_450.jpg

ボケ~っとしながらビールを飲んで過ごします
DSC03131_450.jpg
同じくテント泊をしている人と2時間くらい話し込んでいたかな



ここからが、非日常的な状況です(ついでに文字だけです)

午後6時を過ぎたあたりから、強烈な風が吹き出した
まったく止ることなくず~~~っと 強風が吹きつづける


バタバタと音をあげて揺れるテント
揺れるというより、風でつぶされている

寝ようとしてもあまりにもバタバタとうるさい
まぁいつの間にか寝てたけど


夜、外の様子を見てみると真っ白 真っ白で何も見えない


さらに夜中、暴風でテントが潰れたのか内部がペチャンコに押しつぶされる
張り網が外れたんだと思い、外にでてみたら張り網が2本切れていた!
それくらいの風
スリングを数本持ってきていたので、これを利用して処置します


朝になる頃には雨も降り出すし、風はさらに強くなる


本日の行動予定は・・・双六岳方面に向かうのだが・・・


絶対無理 こんな天気では何もできないので諦めてテント内で寝る
DSC03140_450.jpg
昼過ぎまでここで過ごして、それから状況を判断しようと思っていた


そして、諦めてテント内で寝ていた。もうテントが潰れようが気にせず寝る
でもね~ 外はどんどん荒れてきて、ほとんど嵐 大荒れとなってきた

「このまま留まっていても意味が無い」と判断
テントをたたんで、山小屋に移動することにした
(これが結構大変だった。ついでにテントポールが曲がってました)


山小屋に移動し、2時間ほど待機
今日はここに素泊まりをしようかと考えたが
翌日の天気も良くない。だったら今日下山したほうがいいんじゃないか?
DSC03144_450.jpg

山小屋を出てみるんだけど
ものすごい暴風雨で、真っ直ぐ進むことができない。体が浮き上がります
いったん引き返す

風が弱くなるのを見計らって小屋を出てでみるが
「こりゃあかん」と引き返す。これを3回ほど繰り返したかな

ついに覚悟を決めて、下山開始
結局猛烈な風は稜線付近だけで、3000m付近はただの強風
2800m以下になると・・・たいした風は吹いてなかった

そして、新穂高温泉に下山
こっちは晴れていた なんだそりゃって思ったよ

7月の日本海側はまだ梅雨明けしてないから天候が安定してないね~
同じルートはまた次回以降に行ってみようと思います


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/15(月) 17:08:55|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

数日後ですが、自分も奥穂高に行ってきました。

奥穂山荘も3000M級なので
天気は悪くなかったですが、
夜が寒くて、風もすごかったです。

初めてのテント泊ですし、一人だったし
ちょっとびっくりしました^^
  1. 2013/08/12(月) 00:20:56 |
  2. URL |
  3. skip #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> skip さん

初めてのテント泊が奥穂とはすげ~
テント泊装備で白出沢ルートって大変じゃん
時期的にアイゼン・ピッケル装備だよね?

そういえば、かなり前になりますが私の携帯にメール入れた?
2週間ほどの期間、docomoからのメールを受け付けない状態になっていました

  1. 2013/08/12(月) 07:46:33 |
  2. URL |
  3. ぼん #-
  4. [ 編集 ]

確かに大変でした。
雪渓は自分の想像を遥かに超えた(汗)、
なんとか軽アイゼン(笑)とストックで行けました。
最後は山荘が見えてるのに
あの岩だらけの急斜面がきつかった。
3000M近いと本当に酸素が薄いですね。

5月末頃にメールを送ったことがあります。
なかなか休めなくてつい最近までどこも行けなかった。
  1. 2013/08/12(月) 10:15:23 |
  2. URL |
  3. skip #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonsan55.blog72.fc2.com/tb.php/724-be04e87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ