貧脚だっていいじゃない!

年末の野伏ヶ岳へ <後編>

年末の野伏ヶ岳 つづきとなります

標高があがるにつれて、周りの樹木がなくなってくる
ついでに先行者のトレースもいつの間にかなくなってる
DSC04334_450.jpg

濃いガスの中ってこともあり
周りの状況がまったく判断不能

これも、写真をみるとそこそこの斜度の付近をトラバースしていたみたい
DSC04336_450.jpg

そして・・・

とうとう全く回りが判断できないほどの状況になってしまった
2歩先まではなんとか、分かるがその先がまったくわからん

2歩先は、切れ落ちているのか
あるいは右側面は壁なのか雪庇なのかさっぱりわからん

写真だとこんな感じ。何にも見えない
DSC04337_450.jpg
ここまでくると、目を閉じて歩いているのとかわらない

標高は1600m手前
山頂まではあと、250m程度なのはGPSからもわかっていたが

撤退 怖いんだもん


GPSのログです。やはり山頂まではあと250mでしたね
WS000001_450.jpg
もっともあの状況では登る気もしませんでした
また近日中にこればいいのさ。(人のいない静かな時期に)


さてさて、登るのを諦めたのでテントの場所まで戻ります

雪が降っているのでテントに出入りするだけで
テント内は雪だらけ
DSC04341_450.jpg

荷物の片付けも終わったら、さぁ
宴会モードに突入!鍋です。鍋 カレー鍋ですよ
DSC04344_450.jpg
<事前に肉を用意してたのに、持ってくるの忘れたんで、道中のコンビニで買ってきた。コンビニで肉も買えるなんてありがたい>


湯気が凄い事になってます。結露が心配なので、寒いけど入り口はフルオープン
DSC04345_450.jpg
タップリの肉と野菜。〆にはうどんも食べちゃいました

満腹満腹。山で食う肉は最高だね

そして 就寝

ずっと雪が降っていたこともあり、翌朝にはテントが半分埋まってます
DSC04348_450_20131231185133e2a.jpg

翌朝
超快晴だったら、もう一度 野伏ヶ岳に登ろうと話してたんだけど
翌日はもっと天気悪かった 天気予報どおりでした

荷物を片付けたら、さぁ帰りましょう
名残惜しそうに、野伏ヶ岳をみるピーナッツさん(見えないけど)
DSC04353_450.jpg

再チャレンジをしよう!と二人で誓い下山です


DSC04354_450.jpg

こうして、2013ラストの山遊びは終わります

DSC04355_450.jpg

帰り道にすぐ近くの温泉に寄ったけど(名前忘れた)
いい温泉だったな~ 疲れも吹っ飛びましたよ

野伏ヶ岳 ダイレクト尾根 残雪期前にもう一度挑戦します!

スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/02(木) 16:53:48|
  2. 雪山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

晴れた日の画像を検索してみると
ものすごいキレイですね、
360度パノラマでいろんな山が見えますね。
1-2月はやっぱり難易度が難しそう。

またぽんさんの足を引っ張っちゃいますけど、
僕にも行けそうなコンディションなら行きたいです^^。

  1. 2014/01/03(金) 20:56:22 |
  2. URL |
  3. skip #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonsan55.blog72.fc2.com/tb.php/783-f710f556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ