貧脚だっていいじゃない!

エスビットチタニウムストーブを改造する

エスビット チタニウムストーブ

購入時にも記事を書いたのですが、今回は改造編となります

固形燃料を使ったストーブで、とにかく軽い
最近のテント泊ではガスは持たずにこいつを持っていく事が多くなってます

DSC00053_450.jpg

この状態で13gです。収納袋と燃料がそれなりに必要になるから
実際はもっと重量は増えます
DSC00054_450.jpg

非常に軽くてコンパクトなので気に入ってるのですが
問題も多い製品と言えます

・本体はコンパクトなくせに、使用する鍋は大型じゃないとダメ
・安定性に不安がある
補足ですが
チタニウムストーブとは関係ないが、固形燃料はクサイ&鍋が真っ黒になります


この商品、小さいマグだと乗せることも出来ない
DSC00055_450.jpg

マグを乗せて使うようなことは基本的にないんだけど、
鍋も小さい品だと不安定で、私はテント内でひっくり返したことある
さいわい、雪を溶かしていただけの水だったので大参事にはならなかったが
ラーメン作っている時だったら悲惨だったでしょうね


小さい鍋が使えないってのは深刻な問題なので改造して使ってます
それが、右側の品
DSC00056_450.jpg

穴を空けて、台座の間隔を狭くしているのです
DSC00058_450.jpg

そうする事によって、小さな鍋でも乗せる事が可能になる
DSC00057_450.jpg
小さなマグでもこれなら乗せられます

この状態でも良かったんだけど、より安定感を増すために
足を3本→4本へと変更を行います

ドリルで穴を空けて留め金・脚を分離させます
DSC00060_450.jpg

ネジでまとめると、穴の位置を統一することができますが
今考えたら、そんな必要無かった気がします
DSC00061_450.jpg

ここからドリルで穴を空けますが
相手はチタン! 堅いですので少しずつ削ります

DSC00062_450.jpg

穴を空けた状態
DSC00063_450.jpg

4本足のチタニウムストーブ完成
DSC00065_450.jpg

ネジは軽く締めてしるだけなので、使用する鍋に応じて
外側の穴、内側の穴と変更するだけでOK
DSC00066_450.jpg

こっちが小さい鍋モード
DSC00067_450.jpg

気になる重量増ですが
標準状態からは5gの増です
DSC00069_450.jpg

小さいモードで小さめの鍋を置いた状態
DSC00068_450.jpg
見事に安定しています

これで、チタニウムストーブの改造は終了
脚が2本と受け皿が余ってしまったので、また何か作ろうかな


スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/20(月) 07:22:30|
  2. 山の道具達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

コレいいですね!
商品化して欲しいw

ぼんさんが工作って珍しくないです?  (・∀・)
  1. 2014/01/20(月) 10:59:26 |
  2. URL |
  3. the_32o #WMfnGC2M
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> the_32o さん

購入したままの状態だと鍋をひっくり返して大変な事に!
だから仕方なく改造を行った(以前の話ですけどね)

素の状態でも4本足化するだけでかなり安定するんで
最初からこの状態で販売しろよ。って言いたいです
  1. 2014/01/20(月) 22:13:33 |
  2. URL |
  3. ぼん #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonsan55.blog72.fc2.com/tb.php/791-818ca33f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ