貧脚だっていいじゃない!

夏山散策 二日目 高天原温泉へ

初日 鷲羽岳のつづきです

テント内から見た鷲羽岳 すばらしい
DSC05619_450.jpg

翌朝ですが、起きたら超快晴でした
DSC05623_450.jpg
くっきりすぎる三俣蓮華岳

これは期待できる一日になるぜ

三俣から高天原温泉を目指すにはいくつかルートがあるが
最短だと思われる、黒部の源流→岩苔乗越ルートを選択

DSC05624_450.jpg
黒部の源流ルートは雪渓の横を歩く
気温はかなり低くヒンヤリしている

岩苔乗越 到着
DSC05627_450.jpg
真正面に薬師岳 でかい山ですね

温泉に行くには、ここから下りですが
DSC05631_450.jpg
う~・・・かなり下るんですね。つまり帰りは登りですか

このルート、かなり寂しい道のりです
序盤は雪渓を下るから怖いし、雪渓抜けたらひたすら樹林帯
しかも道は細い薄暗い樹林帯です あまり人が通らない道なのか?

土曜日だというのに、全然人ともすれ違わないから不安になるくらい

森の中を歩き続けていたら、いきなり広い場所にでた
DSC05634_450.jpg

この光景にはマジでおどろいた。
これまで薄暗い森の中を歩いていたので、思わず声を出してしまったくらい

DSC05637_450.jpg

高天原山荘
DSC05641_450.jpg
思ったよりちゃんとした山小屋でした
ほったて小屋みたいなのだと思ってた。ごめんなさい

めざす温泉は、山荘からさらに20分下ります
この場所でもとんでもない山奥なのに、まだ歩くのかよ

高天原温泉到着  三俣のテン場からだと3時間くらいでした
DSC05643_450.jpg
遠い、すごく遠いぞ
道も無い時代に最初に発見した人はいったい何者だよ

温泉としては、川岸の露天風呂・男湯・女湯の3つ
着替えの場所もあります

DSC05644_450.jpg

まだ朝の9時前ですから、だ~れもいません完全貸しきり状態


こっちは男湯
DSC05647_450.jpg

お湯は白くて、湯の花が浮いています
温度も最適。ゆっくり長時間お風呂を楽しめます

快適快適 こりゃ気持ちが良い
DSC05650_450.jpg
高天原温泉  すばらしい!
とんでもなく遠く、ひょっとしたらもう二度と来られないかもしれないので
しっかりと温泉を堪能させてもらいます


あと、風呂入っている間に、服を乾かす
パンツは替えを持ってきてたので、履いていた奴は河原で洗って
ザックにくくりつけて乾かしながら歩くことにします

温泉で汗も疲れも洗い流したし
さあ、次は雲ノ平を目指しましょう

つづきます

スポンサーサイト
  1. 2014/07/29(火) 09:08:38|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

秘湯やね!
いいな!

それにしてもまたハードな行程を難なくこなしているところはスゴイ。
  1. 2014/07/29(火) 22:22:22 |
  2. URL |
  3. PEANA2 #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> PEANA2 さん

温泉は1泊では行けないし、まさに秘湯
だれもいなかった事もあり超快適でした

ピーナッツさんが大型連休取得できたら案内いたします
  1. 2014/07/30(水) 08:50:05 |
  2. URL |
  3. ぼん #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonsan55.blog72.fc2.com/tb.php/855-94b6a1ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ