貧脚だっていいじゃない!

トラブル連発の常念岳

前回花粉症に苦しめられた常念岳東尾根ルートに再び行ってきた

しかし、トラブル連発で、結局今回も途中で引き返す事になった
写真もほとんど無いぞ!

それでも状況だけは書いておきましょう

金曜の夜に車を走らせ途中で仮眠をとってから登山口到着

週末は快晴の予報だったけど、一応出発前に天気を確認したら
げっ!翌日の日曜日は午後から雨じゃん。しかも結構強そうだ

他にまったく登山者の車がないから不思議だな、と思っていたが
天気が崩れるから来て無いんですね
DSC07348_450.jpg

とにかく出発

翌日の雨を考えると常念岳に行くのは無理でしょう
前常念岳まで行くことにプランを変更して歩き出す(トラブル1)

東尾根は登山道もないバリエーションルート
序盤は鉄塔巡視用の道があるので良かったのだが
鉄塔を過ぎたら藪 とにかく藪 いやになるくらい藪(トラブル2)
DSC07352_450.jpg

標高1600mくらいまで行けば雪が残っていると予想していたが
予想に反して全然雪がない!笹藪は背丈ほどもある
笹を倒して進むが、倒した笹で足が滑ってしまい転倒することも

引き返すことも考えたくらい。
服もズボンもベタベタになった。少々の破れは覚悟してたが無事でした

この笹薮を抜けるのにかなり時間を浪費してしまった
DSC07358_450.jpg
ようやく雪が出現して一安心

標高2000m付近に平坦地があるのでテントの設営も可能だったが
この地点から翌日に前常念岳を往復して下山するとかなり遅い時間になってしまう
それと、あの藪を下るとなると、これも苦戦しそうだったので嫌だった

予定を変更して、一気に前常念岳を通過してしまい
一般登山道側のルートから戻る事に決めた
ただし、時間的にみてテント設営できる地点に到着する頃は日没です(トラブル3)

樹林帯を抜けた
DSC07364_450.jpg

ようやく前常念岳が見えてきた
風が強いが進むしかない

元々の行動予定が7時間程度だったので、水は1.2リットルしか持っていない
雪を溶かせばいいのでどこでも手に入るのだが
今はその時間もない。日没前にテントを設営できる地点に行きたいからね
水の残量を確認したら・・・50cc程度だった(トラブル3)

DSC07372_450.jpg

時刻は午後2時を過ぎている
太陽に照らされ雪がかなり緩んできている
アイゼンがあまり利かなくてズルズルと滑ることも(トラブル4)
(登りよりこの先訪れる下りが特に怖い)

岩場もでてきて、いかにもバリエーションルートって感じがする
ちょっとワクワクするけど、こんな場所で怪我したらどうなるんだろ?

DSC07381_450.jpg

いろいろ悪条件はあるけど、頑張って進んでいた
もうちょっとなのだから

午後から風がかなり強くなっていたのだが
稜線にでたらいっそう強くなり

あまりの強風にバランスを崩し、飛ばされてしまった!!
15cm程度だけどね、飛ばされて倒れたのだ

さいわい尾根の風上側にいたので岩に当たっただけですんだけど
風下側で飛ばされていたら谷底まで滑落してた・・・

DSC07393_450.jpg

・急なプラン変更
・笹薮地獄
・日没の可能性
・水不足
・緩んだ雪
・強風

これ以上無理したらダメだと思い、引き返すことに
あの笹薮にまた行くのは嫌だけど仕方ない
DSC07394_450.jpg

なんとか日没前ギリギリで戻れたが
もうヘロヘロ
朝からまったく休憩無しだからね。歩きながらヨウカン食べただけやし

もうちょっと雪の有る時期に来たほうが楽。藪好きな人はどうぞ。私は無理だ


スポンサーサイト
  1. 2015/04/19(日) 22:44:12|
  2. 北アルプス 日帰り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonsan55.blog72.fc2.com/tb.php/926-71617ff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ