貧脚だっていいじゃない!

サイクリングとお山と

最近はサイクリングに出かけることが多いです

2時間くらい空きの時間があったらサイクリング
DSC05009_R.jpg

花粉症も終わったので山方面も走ってます
DSC05008_R.jpg

先週の日曜日はひさびさの100kmライドもやってきた

DSC05012_R.jpg
この自転車で

・・・・まさかの電動アシスト自転車だよ(笑)
すげー楽です
一応言っておきますが、ほぼ電源を切って走ってます
ムチャクチャ重い、ビックリするほど重い自転車ですが、基本電源OFF
峠道だけアシストをONにして走ると、坂道でも平地間隔で走れます
100Km走った時も電池残量80%だったのでほぼアシスト無し

DSC05013_R.jpg
能郷白山はまだ雪残ってるね

けっこういろんな道を走ってます
DSC05017_R.jpg

数年ぶりに行く峠も複数
DSC05018_R.jpg
峠ではアシスト入れてるので、平地走ってるのと全く同じ感覚です

あとガッタガタの未舗装路を走るのも楽
アシストあれば舗装路を走ってる間隔でサクサク進めちゃう

楽しいぞ!電動アシスト自転車

後は、山ですね
DSC05022_R.jpg

暖かい日が続いているので、山の雪も激減
驚いたのが、林道は全く雪が無かった

DSC05024_R.jpg

右俣林道から槍平に向かってます
DSC05025_R.jpg

今回は雪の様子を見に来たのと、テント泊をやりたかっただけなので
槍平までしか行っておらず、特に写真もありません

DSC05026_R.jpg
サラッと今回はここまで


  1. 2018/04/23(月) 09:40:09|
  2. その他雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

快晴だったよ 弓折岳

週末は快晴予報だったのでいつも通り山に向かいます

今回は弓折岳方面に向かう。雪崩がどんな状況か知りたかったので

小池新道付近からの写真
DSC04945_R.jpg

雪は多いけど、雪崩は全然発生していない
まだパワーをため込んでいて今後も発生しそうな雰囲気だけど
巨大雪崩は起きないかなって状況だった

DSC04951_R.jpg

快晴すぎてクソ暑い
ジャケット脱いで肌着のみで歩いてます
それでも汗がしたたり落ちます
(この後、むちゃんこ寒くなるけど)

DSC04954_R.jpg

新穂高駐車場はたくさんの車だったけど
こっち方面に歩いている人はだ~れもいません

DSC04955_R.jpg

先週の槍方面では、雪が締まっておりアイゼンしか使わなかったが
今回は、フカフカの雪が膝くらいまであったのでスノーシューしか使ってない
この違いは何なんだろう??

DSC04963_R.jpg

弓折岳に向かううルートとしては
鏡平ルートか大ノマ乗越ルートで、この時期なら大ノマ乗越使うのが
一般的かもしれんけど、フカフカ新雪で登れないかもしれないので
鏡平ルートから進むことにした

すごーく平らな所を進んでいるように見えるが、これでもそこそこの斜度
DSC04965_R.jpg

振り返れば槍ヶ岳
DSC04974_R.jpg
この位置からだと、飛騨沢を進んでいる登山者がいたら、肉眼でも確認できるが
この時は人は全く確認できんかった

山頂手前の平坦地に到着
DSC04977_R.jpg
当初、昼12時ちょいすぎに到着するようなペースだったが
後半の鏡平ルートに入ってから猛烈なるペースダウン
風も強くなりむちゃんこ寒い

DSC04979_R.jpg

DSC04982_R.jpg

テント用に穴を掘りたいが、フカフカ雪で掘りずらい
スカスカで全然手ごたえ無い雪をかき分けてテントを設置
DSC04989_R.jpg

安定して風も無い天気だと思っていたが、一晩中強風で
なかなか不安な夜を過ごすことになってしまった
DSC04991_R.jpg

よく朝 本日も快晴なり
DSC04997_R.jpg
こりゃかなり気温もあがりそうだ

下山するにつれて、どんどん暑くなり
登りとおなじく、途中からは肌着のみで歩いてました
DSC04999_R.jpg
車に戻ると花粉がひどいひどい
高山方面は今がピークかも
くしゃみ連発で目がかゆくてたまらんかったぜ
  1. 2018/03/26(月) 10:50:09|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

槍平は静かでした

お気楽モードで槍ヶ岳方面を目指します

もちろん槍ヶ岳を目標にしてたんだけど
歩いてる途中で、日曜の夜は会議が入ってたのを思い出す!
どうしましょう

雪が多い今季 所々で雪崩が発生
DSC04900_R.jpg

こちらは滝谷のスノーブリッジ
DSC04906_R.jpg

雪が多いはずの今季なんだけど
この付近は例年どおりって印象でした

この時期に槍を目指すなら沢の上をひたすら進んでいくのだが
沢はかなりの水量があるし、雪が途切れ途切れになってて
むしろ、夏道に近いルートで槍平まで進みます
DSC04908_R.jpg

土曜日は基本的にガスの中
晴れ間は30分くらいしかかなったと思う
快晴予報だったのに・・・

DSC04910_R.jpg

槍平到着
小屋は雪の下
DSC04911_R.jpg

なお、この週末
新穂高駐車場は60台以上車が止まってましたが
槍方面は、だれも見かけませんでした
トレースあったので、バックカントリーが1名だけいた模様
皆さん西穂にお出かけみたい

これは、山荘前にある小屋
DSC04912_R.jpg
すっぽり雪に埋もれてます

槍平から中崎尾根に上がってそこでテントを張る計画だったが
翌日は山頂に行ってる時間が無いってのと、そもそもお疲れでしたので
ここでテントを張ることに決めた!

DSC04914_R.jpg

無風だったので、整地だけしてテントを設置
DSC04925_R.jpg

夜も全くの無風で快適に過ごせた
けっこう寒かったけどね
DSC04930_R.jpg

翌日は、下山するだけなので
日が昇ってから起床して、ゆっくりお片付け
DSC04931_R.jpg


DSC04933_R.jpg

今回、スノーシューも持って行ったが一度も出番なし
雪が固くアイゼン歩行が快適だった

中途半端に終わったんで、今月中にもう一度歩きに行きたいな
  1. 2018/03/12(月) 09:38:41|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数年ぶり豪雪の能郷白山

記録的豪雪の福井県

能郷白山はその福井との県境にありますので、ここも豪雪になってました
DSC04784_R.jpg

これ、どこだか分るでしょうか
登山口標識からの沢を超える部分です
序盤も序盤なのに超難所の沢超えが
あまりの雪で埋まってしまってます

こんなの見たことない
(かつて2m位の壁になってて脚立持っていったことある)

そのような能郷白山にピーナッツさんと日帰り登山に行ってきた

2月も中旬すぎたし、雪も締まっておりサクサク進めるよね!
なんて打ち合わせをしていて、アイゼンを用意していたのに
3日前にそこそこ積雪有って、序盤から沈む雪に苦戦
DSC04812_R.jpg

1合目から2合目は通常苦戦する場所なんだけど
豪雪の影響でむしろあっさり通過できちゃいました

DSC04815_R.jpg

早くも前山の手前です
こっちの山は基本的に晴れていたんだけど
能郷白山はずっとガスの中に隠れてました

DSC04819_R.jpg

元気いっぱいのピーナッツさん
5時集合にしていたので、遠方から来るピーナッツさんは
あまり寝る時間がなかった模様です

DSC04821_R.jpg

快晴の前山
年末に来たときは木がいっぱい出てましたが
今はすべてが雪の下になってます
DSC04825_R.jpg

福井方面の山々
DSC04835_R.jpg
岐阜方面との比較写真がないけども
やっぱり日本海側は白さが違います

すーっとガスに覆われている能郷白山
時折、強風もあったし新雪に苦しめられ体力も相当奪われている
行くのを若干ためらったけど、時間的に余裕があったので
とくにくいってみよう!ってことに
DSC04840_R.jpg

山頂直下くらいですね
白い白いぞ 能郷白山
ここ数年こんな姿はみてなかったもんな~
DSC04849_R.jpg

壮大な景色を眼下にして進んでいく二人
DSC04853_R.jpg

山頂はすぐそこだ!
DSC04857_R.jpg
雪の影響だと思うが、ずいぶん斜度の緩い坂にしかみえないね

あれが目指す頂
DSC04862_R.jpg

登ってくるピーナッツさん
DSC04869_R.jpg
スケールがデカい山だぜ

ついに山頂で~す
DSC04874_R.jpg
来てよかった
序盤からの沈む雪で少し嫌になっていたけど、ほんと来てよかった
特に今期は天候に恵まれてなかったのでこの景色に感動

山頂にある祠に向かってます
DSC04878_R.jpg
すごく遠くにあるように見えるが、すぐ近くだよ

山頂ではいろいろ写真を撮ってから
昼飯を食べてからなが~いなが~い帰路に向かう
DSC04887_R.jpg

午後になると雪が緩むのを心配していたが、あまり日が差してなかった事もあり
思ったほど緩んでおらず、サクサク下山できました
それでも林道歩きだけで2時間かかってますけどね

ピーナッツさんがいたから山頂を踏めたと思う
一人だったら途中で諦めてた可能性大です
DSC04883_R.jpg



  1. 2018/02/21(水) 13:43:49|
  2. 雪山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホワイトアウトの野伏ヶ岳

最近はPS4でモンハンばかりやってます

自宅でゲームしたかったけど、山に行きましょう♪

お気軽な山歩きにしたかったので、野伏ヶ岳に行きます
DSC04733_R.jpg
トレースバッチリある。ありがたい
数日前に3人のバックカントリーが入った模様です

ちなみに週末は私以外誰もいませんでした
だって・・・・天気悪かったもん

しっかりと踏み固められたトレースを使ってダイレクト尾根へと進む
DSC04738_R.jpg

天気悪くて山頂は見えてないけど、簡単な山だし問題ないでしょう
DSC04739_R.jpg

標高が上がってきて、樹木が少なくなってくると
視界がすご~く悪くなってきます
風&雪 とくに雪がバシバシ顔にあたって痛い

DSC04740_R.jpg

樹木がなくなるとホワイトアウト 
DSC04741_R.jpg
なんにも見えなくなっちゃった

ただ、樹木が無いエリアってのは
山頂直下付近なので、まっすぐ登っていけば問題ないはず

ただね、自分がどの辺を歩いているのか全く分からないのはちょっと怖い
DSC04744_R.jpg

目印ないと迷いそうだったので、途中で木の枝を拾って
ところどころにマーキングしています

DSC04745_R.jpg

山頂へ続く尾根への合流まで、目の前のはずだが
周りが全く見えないの不安な中、ストックが空を切った
DSC04747_R.jpg

なにこれ?割れ目?
DSC04748_R.jpg

ちょっとあせる 
ひょっとして雪庇の上を歩いているのか????
いや、この場所に雪庇なんてないはずだ???

ホワイトアウトで周りが全く見えないので恐怖倍増

DSC04749_R.jpg

結構深い割れ目だし、こんなところに落ちたら大変
割れ目のどちら側を歩くのが正解なのか判断不能
どこまで割れ目が続いているのかも不明で、まっすぐ進んだら落ちるかもしれん

DSC04750_R.jpg

ホワイトアウトじゃなければ、平気な場所なんだけど
とにかく今は状況がよくないので撤退することにした

山頂でのテント泊を予定してたんだけどな~

DSC04752_R.jpg

牧場跡地まで戻ってテントを設営
下山して帰ることも可能な時間帯だったけどせっかくなんでテント泊

DSC04767_R.jpg

テントの中は快適だ!

翌日はもっと天気がわるかったので、山頂行くのは諦めて
サッサと下山しちゃうのでした

DSC04775_R.jpg

次回こそ晴天の山歩きをしたいもんだ


  1. 2018/02/05(月) 10:34:23|
  2. 雪山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ