貧脚だっていいじゃない!

双六小屋のドローン動画

ひさしぶりにドローンを山にもっていき、遊んでみました



  1. 2017/09/06(水) 16:14:34|
  2. その他雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひさびさにドローン持って山にいく(双六岳)

週末の天気は良さそうだし、風もなさそうだから
久々にドローンを持って山に行ってきた

鏡平山荘  暑い 暑いぞ
aaaaaaaaa (6)
ここはかき氷が名物の山小屋 食べている人も数人いました
一口だけ分けて欲しい。などと思いつつ通過

弓折乗越
aaaaaaaaa (7)
ガスったり晴れたりと忙しい天気でしたが
槍もちょっと見えた

そして 双六小屋到着
aaaaaaaaa (8)
体力低下が著しいので、双六小屋まで7時間くらいかかるかと思ったけど
普通に6時間くらいで着いちゃった(ちょうど昼12時についた)

・・・どうしよう ここまま三俣山荘までいっちゃおうか
・・・いや それだと明日の帰りが面倒だぞ などと考えた結果
双六にテントを張ることに決定

aaaaaaaaa (9)

テントを設営したら ドローン遊び開始
aaaaaaaaa (10)
この時間だと人が少なくていいけど
たくさん人がいるとドローン飛ばすのちょっと恥ずかしいんです

だからさっさとドローン遊びを開始(写真は下に)

まだまだ時間たっぷり有るので
樅沢岳(もみさわ)に向かいます
aaaaaaaaa (13)
ライチョウ 5羽固まっていたので親子なんでしょうね

そして山頂 ガスガスです
景色もなにもありゃしない
aaaaaaaaa (14)

山頂は電波がつながったので、のんびりネットとかしてたら
1時間以上ここで過ごしてしまった 

テントに戻って晩飯の用意
災害用非常食のアルファ米100食分をもらったが
小分けされていないタイプだったので1日分ずつ小袋に入れて保存
aaaaaaaaa (11)

白米では食べにくいので、塩コンブと一緒にいただきました
aaaaaaaaa (12)

翌朝 
私は冬用のシュラフだったので快適に寝てましたが、となりのテントの人が
「すごい寒かったですよね」と話しかけてきた
全く寒さを感じなかったが、テントをみたら氷がついてた
aaaaaaaaa (16)
9月になったばかりなのに かなり低温だったみたいです
日中は汗ダラダラ出るくらいに暑いけど

帰りは快晴だったのでちょくちょく写真を撮って帰りました

槍ヶ岳方面
aaaaaaaaa (17)

中央に鷲羽岳 
aaaaaaaaa (18)

笠ヶ岳
aaaaaaaaa (20)

ドローンで撮った動画からの画像

テント場を真上から撮影
aaaaaaaaa (4)

双六小屋を谷側から撮影(ドローンでないと撮れない角度)
aaaaaaaaa (3)

双六池側からみた双六小屋
aaaaaaaaa (2)

小屋全体写真
aaaaaaaaa (1)

操縦している私
aaaaaaaaa (5)

このあと、操作ミスってドローンの着陸失敗
というか、テントにぶつけちゃったのだ

山頂から取りたかったけど、山頂はガスに覆われていて無理でした

  1. 2017/09/03(日) 18:48:54|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南岳はやっぱり静か

三連休!でしたが、初日は雨だったので中止して
いつも通りの一泊二日の山歩き

槍平小屋を通過して(小屋は人で混雑してた)
南岳新道に入ったとたん人が全くいなくて静かになる
DSC04084_R.jpg
雪渓がまだたっぷり。今季は気温が低いのでこのまま溶けないでしょうな

急斜面などには木の階段がある南岳新道
それらの木が崩壊しており、初心者や高齢者は通行しないよう看板あった
DSC04090_R.jpg
個人的には、急に崩壊が始まった感じはなくて
ここって前々からこんな道じゃなかったか?って思う程度
危険でも何でもない

DSC04101_R.jpg

ガスで展望は無し。ときどきパラパラと雨が降ることはあったが
降り続くようなことはなく、カッパを着るまでもなかったのは助かった

南岳小屋
DSC04105_R.jpg

かなりスローペースだったみたいで
ここまで8時間ちかくかかってしまい、午後2時に到着

この時間なのにテン場ガラガラ 
DSC04113_R.jpg
最終的にも6張り程度しかなかったので、やっぱここは静かな山だわ

テントを張ったら展望エリアへ行く
山頂方面ガスガスだな、行くのやめよ
DSC04114_R.jpg

キレット展望台に向かいます
DSC04116_R.jpg

展望台にてボーっと過ごすが
ガスなので・・・・楽しくもなく ただ座っているだけ

DSC04123_R.jpg

座ってるのも飽きたのでテントに戻ろうとしたらつかの間の晴れ間
DSC04125_R.jpg

ドローン持ってこようか悩んだけど
ガスか悪天候なの予想されてたので持ってこなかったが、正解でした
DSC04126_R.jpg

DSC04128_R.jpg

晩御飯はひさしぶりにアルコールバーナーを持ち込んで焼きそば作ったんだけど
テントの前室でアルコールバーナーは危険すぎた
DSC04132_R.jpg
炎がボーボー吹きあがるので、テント燃えちゃうよ
熱もヤバい  あまりに久しぶりに使うので基本的なこと忘れてた

でも、軽さと手軽さはやっぱ魅力的だと思った
夏山でしか使えない、猛烈に風に弱いという欠点も多いけど

翌朝 朝5時半なのにもう誰もいない
DSC04133_R.jpg
みなさん早いね
テントが露でビタビタなので乾いてから出発したかったが
日が昇るの待ってられんから下山

朝方は雲もなく快晴だったので景色もよく見えた
笠ヶ岳方面
DSC04137_R.jpg

槍ヶ岳方面
DSC04138_R.jpg

帰宅後は、今回使ったテント(ファウデ ホーガン)のフライシートの防水塗装を行ったので
さっそくどこかで使ってみたい気持ちでウズウズしています

  1. 2017/08/21(月) 09:25:50|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親子で行く大滝山

子供と一緒に山に行ってきました

めずらしく娘が一緒に行ってくれるとの事
家でゴロゴロしながらゲームしてたら太るからって理由らしい

クソ混雑の北アルプスにおいて最も静かな山
大滝山に行くしかないな 混雑きらい!
DSC03937_R.jpg

ゲート前に車を停めて、登山スタート
林道結構荒れてて、道路がえぐられている個所も複数
四駆じゃないと危険です

しばらく歩いて登山道への入り口
DSC03943_R.jpg

土曜日なのに車はゼロ
私たちしか登山者いないかもね 静かすぎるぜ
(となりの蝶ヶ岳・常念岳は激コミだったと聞いてます)

DSC03949_R.jpg

静かな山道を進んで鍋冠山 
DSC03952_R.jpg
展望も無いので通過点だけど
今回は休憩を挟みながらゆっくりペースなんで、ここでも休んでます

さらに進んで、ようやく林を抜けた
DSC03969_R.jpg
林を抜けたらほぼ終了地点

稜線到着
ガスガスで展望は全くありません
DSC03976_R.jpg

そして大滝山 
DSC03994_R.jpg
山頂がテン場になっている
夏山ではかなりめずらしい

DSC03998_R.jpg

当然誰もいない
DSC04000_R.jpg

テント設置
DSC04001_R.jpg

テント内はけっこう暑くなるので、外で過ごしています
DSC04005_R.jpg
計画では、テントを設営したら蝶ヶ岳まで往復するつもりだったが
ガスガスだったのと、面倒だったので!? これにて終了

DSC04017_R.jpg

昼寝中
DSC04034_R.jpg
本気で寝てました。ちょっと横になってたら知らぬ間に熟睡

その後、小屋に行き受付をしてちょっと話を聞いてたら
今年はまだ大滝山でのテント泊は全然いないんだって
私は静かな場所なんで大好きなんだけど、一般的には来ない場所だもんな

晩御飯はカップめん
DSC04039_R.jpg

その後はテントに入り込み
二人でスイッチで遊ぶ。わざわざ山まで持ってきたぜ!
テトリス対戦に燃える二人なのだ

翌朝 
DSC04049_R.jpg
昨日は見えなかった穂高の稜線&槍

日の出
DSC04050_R.jpg

日の出 いつもならこのような写真は撮らないが
ここ山頂だからね、夜明け前から小屋泊まりの人がやってきて
写真撮影してるので、歩く音で起きちゃうんです

DSC04054_R.jpg


DSC04058_R.jpg

朝はゆっくりしているつもりだったが
二人とも起きてしまったので、帰る準備をいたします
DSC04063_R.jpg
蝶ヶ岳往復するってことも考えたが、そのまま帰ることにした

早い時間に下山したので、帰りは高速をつかわず下道で
のんびりドライブを楽しみながら帰宅するのでした

で、帰宅後「また山行くやろ?」 「もう行かない」
予想通りの返事でした(笑)
  1. 2017/08/07(月) 09:39:41|
  2. 北アルプス テント泊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山から更新

子供とテント泊中なのだ

誰もいない 大滝山
今季初テント客かもしれないってさ
  1. 2017/08/05(土) 16:40:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ